本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

でんしゃにのったよ

電車好きの男の子が、お母さんと東京のいとこの家に行くことになりました。ローカル線から新幹線に乗り継いで、電車の旅を楽しみます。途中車窓からいろんな自動車が見えたり、鉄橋を渡ったり、お弁当を買ったりと、ひとつひとつのことが、乗り物好きにとっては、うれしいできごと。絵本を見ているだけで、電車の旅をのんびり楽しんでいるような気分になります。絵はぬくもりのある版画で、細かいところまで楽しめます。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2013年04月10日
ISBN : 978-4-8340-2773-0
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • 限定復刊
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(24件)

  • 電車が大好きな1歳8ヶ月の息子のために買いました。「ガタタターン」や「ダダッダダッ」という音が楽しいようで、読み終わったあとに「もう1回」と何度も読んでいます。田舎の私鉄(?)のほか、JR在来線、新幹線もたくさん出てくるので、とても喜んでいます。楽しい絵本をありがとうございます。

    こきたんさん
    お子さんの年齢:1才

  • 山本忠敬さんの『しゅっぱつしんこう!』が大好きなお子さんに、他にもよい本はないかと探していて見つけた本です。「電車がきたきた!」「駅についた!」など、つい声を出してしまう臨場感あふれる表現が魅力です。

    高見 恭子さん
    お子さんの年齢:3才

  • 子どもはまだ理解して反応しているわけではなさそうですが、電車の絵が格好いいので読んでいる大人が楽しいです。ページをめくって新幹線が現れたときは心から「かっこいい」と言えました。地元の駅を思い出しながら読み聞かせています。

    SYさん
    お子さんの年齢:0才

  • まだ1歳にも満たない息子たち(双子です)の絵本を探しに行った書店で目に留まり、思わず衝動買いしました。描かれている電車が懐かしくてつい…。とくに昭和40~50年代頃に現役で走っていた、グリーン&オレンジ色に配色された東海道線にはよく乗っていたので、懐かしさもひとしおです。息子たちには何年か寝かせた後に読み聞かせしたいと思います。

    たくまもさん

  • 青い帽子の子どもが、電車の窓から見えるのが印象に残ったのか、喜んで見ています。何回も何回も読み聞かせさせられてます。このシリーズ、又探してみます。

    栗洋さん

  • 電車にしか目がない次男なんですが、書店で読んでと何度もせがみ、手から離さなくなりました。ちょうど先日、大阪から熊本まで電車と新幹線を乗り継いで旅行したところだったので、余計に気に入ったようです。11歳と7歳の兄姉がいて、絵本もお下がりばかりだったので、本人はとても喜んでいます。素敵な出会いありがとうございます!

    くりずきさん

  • 『れっしゃがとおります』(かがくのとも2017年8月号)で岡本雄司さんの本を初めて読んだところ、あとからどんどんお気に入りになり、ストーリーや描いてある細かい人物描写まで見つけて楽しむようになりました。本作も同じように電車の旅をしているような気分で読めるし、何といっても絵が精巧できれい!リアルでもあって、子どもが気に入ってるのだと思います。

    山田みどりさん

  • 電車好きの娘が、大変喜んでくれました。

    齊藤健志さん

  • 初めて、息子が書店で自分で絵本を選びました!寝かしつけの前に読み聞かせしましたが、テンションが上がって、読んだあともしばらく絵本を離さず目はキラキラ。でも静かに眠るばかりじゃなく、たまにはこんな楽しい夜があってもいいなと、そう思える1冊でした。

    つなおさん

  • 店頭で、電車が大好きな息子に新しい本を探していた所、みつけました。表紙が「小湊鉄道」にとても似ていて、購入しました。読んであげると何回も何回も、くり返してー!と言ってきています。絵もとてもかわいらしくて気に入っています。

    藤間郁恵さん

  • とてもよみやすい本でした。3歳の息子は「ぼく」と「おかあさん」がどこにいるか、楽しみながらさがしていました。主人公「ぼく」が乗る電車以外にも、いろいろな電車が描かれているので、図鑑で調べながらよんでいました。

    かずまさん

  • おとこのこがお母さんと、りょこうに出かけていてかわいい。子ども(弟)が、おとこのこのことをちゃんといえず「おとこーこ」といっていた。ほかの本も買いたい。

    koko-kazeさん

  • 電車の絵本大好き。だから大好きな電車の絵本を売っててね。また買うからね。僕たち電車大好きだよ。(本人談)

    こうたんさん

  • 最近乗り物に興味をもちはじめた1歳半の息子のお気に入りです。朝起きてすぐ「読んでー」と持ってきて、1日中はなしません。なかでも新幹線のページが好きで、かっこいい!!と目を輝かせています。

    杉木佳奈子さん

  • 何回も読みたくなる本。版画なのでとても味があり、景色も情景もとてもきれいなのですが、何よりも登場人物以外にもストーリーがあるのがびっくりしました。背景に写っている人物が、最後まで一緒の電車に乗っていたり、表紙の電車に乗っている人が絵本の中にもいたり、主人公以外の人を追っかけて探して、何度も読み返しました。作者がとても楽しんで作成したのではないかと、すごく伝わってきた作品です!これはむしろ、大人にオススメの絵本です!

    荒谷智子さん

  • 初めて話したことばが「でんしゃ」だったので、絵がはっきり分かる物が良いなと思って、この本を選びました。

    長島 康子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 日頃、もうすぐ3歳になる孫に時々読み聞かせをしています。途中であきてしまうことも多いのですが、この本は最後までじーっと絵を見ながら主人公の「ぼく」や乗り物の様子を観察していました。特に絵にとても関心を持ったようです。すてきな絵本だと思います。

    ひろみさん
    お子さんの年齢:2才

  • 木版画家岡本雄司先生が鉄道の旅を愛し、駅や街並を主要テーマに大井川鉄道を選び、大井川鉄道-東海道線-新幹線と乗り継ぎ上京する物語に、大井川鉄道本社新金谷駅に車で20分と近く、親近感をおぼえ早速書店で購入しました。

    寺田 明夫さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 作品に登場する電車や景色がとてもリアルであり、またそれが版画で描かれているというところに驚きました。2歳の息子も大変気に入り、セリフをほとんど覚えました。大人も小人も楽しめる、ステキな作品です。

    佐藤 隆裕さん
    お子さんの年齢:2才

  • 主人が初めて息子に買ってきた本です。3歳~となっているので早いと思いましたが、電車大好きなのでとても興味をもっていました。これ読んで!と何度も持ってきます。絵(版画)もとても味わい深くすてきで、大人も楽しめました。1歳~でも長く楽しめそうです。

    ゆうこママさん
    お子さんの年齢:1才

  • 情景、風物は多様多彩、色もやさしくウェルノート越しに広げ動かすと楽しんで見ている。今34歳の息子の幼児期に与えた「でんしゃにのったよ」も喜んで見ている。息子の幼児期の「やこうれっしゃ」もあり、内容は無理だが表紙を広げ、やこうれっしゃのおもちゃ(電動)と合わせて遊んでいる。

    マサユメさん
    お子さんの年齢:2才

  • 1歳の頃はあまり絵本に興味がなく、お話し会に行ってもおちつきがなかったのですが、電車に興味を持つようになってからは、絵本も積極的にみるようになりました。お話しも好きになり、気に入ったところは何度も読んでとページを指します。でんしゃにのったよも大のお気に入りになり、我が家へ来ると本棚へとんで行って、1番に読んでと持って来ます。本は孫とのコミュニケーションに大活躍です。

    源くんのアーちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • さすがに0歳には早すぎましたが、もう少し大きくなるまで大事にしておきます。興味を示したらぜひでんしゃで、旅行につれていきたいです。

    外川 信さん
    お子さんの年齢:0才

  • 作者の岡本雄司先生、電車の魅力がたっぷりの素敵な絵本を描いて下さり、ありがとうございます。P12、13の迫力、P20、21の臨場感、P22、23の新幹線が美しいこと!こんなに絵本の絵に感動したのは初めてです。

    さやかさん
    お子さんの年齢:2才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。