本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

とこちゃんはどこ

赤い帽子と青い半ズボンの元気な男の子、とこちゃん。市場でお母さんがおしゃべりしているまに、とことこかけだして、どこかへいってしまいました。人ごみの中をさがしていくと、ああ、いたいた! 動物園、浜辺にお祭り、デパート……人ごみにまぎれたとこちゃんを探そう! 絵さがしの絵本の元祖ともいえる、子どもの大好きな絵本です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 1970年07月01日
ISBN : 978-4-8340-0239-3
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(3件)

  • いないいないばあのように、今はよめるところが楽しくみています。もう少し大きくなったら、内容も分かってくれると思います。

    ちびさん
    お子さんの年齢:0才

  • 2歳8ヶ月になる息子のお気に入り絵本です。「ママ、とこちゃんよんで!」と言ってはこの絵本を抱えて持ってきては、夜寝る前、布団に横になってとこちゃん探しをします。 とこちゃんは、1人でいろんなところに行ってしまいます。うちの息子も、1人でデパートなどどこかに走っていってしまうので、とこちゃんを読んでいるとなぜか息子とかさなってしまいます。息子も自分と似ている、とこちゃんがだからすきなのかもしれないなと思いました。

    りんごママさん

  • この本の魅力は、絵が細かく描かれているところと、読み手が迷子になっているとこちゃんを探し出すところにあると思います。とこちゃんが迷子になってしまう場所は、あらゆる設定(確かデパート、海水浴場等・・)があり、何度もとこちゃん探しが楽しめます。また、それぞれの場面の絵がとても細かく描かれているので、それを見る楽しみもあります。決してとこちゃんを強調して描かれていないので発見するのには少し時間がかかるのですが・・・。母に読んでもらいながら「とこちゃんはどこにいるかな?」とたずねられ、毎回必死でとこちゃんを探していました。とこちゃんを発見し「いたっ!」と指を指した時は、毎回大喜びしていた記憶があります。きっとどの子供も楽しめる一冊でしょう。

    ジャックリーヌさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。