本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ちきゅうがウンチだらけにならないわけ

地球の生き物がみんなでウンチをし続けたら、地球はウンチだらけになってしまうのではないか?本書はそんな疑問に答えます。 くさい、きたないといわれて遠ざけられがちなウンチですが、自然界ではとっても役に立っているということを知れば、明日から新たな気持ちでウンチと接することができます。近くて遠いウンチについてお子様と一緒に考えてみませんか。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 31×24cm
初版年月日 : 2013年06月20日
ISBN : 978-4-8340-8008-7
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • プレゼントされました。4歳の息子には難しいかなとおもっていたけど読んでみると大変興味深いです。ウンチは出て終わり、ではなく、これから繋がっていく。それを利用したり、それらがなくては生きられない虫もいる。とても大切なもの。この世に生きている、生き物として、食べるもの出ていくものすべて循環しているんだなと感じました。汚い、いらないものとして位置づけられるウンチもウンチがあってこそ、成り立っているものも多い。動物の生態や虫のことも詳しく描かれてあります。家族で見てみるといいです。私達のウンチは汚くて不要な物でしょうか。なにか地球のためになっているでしょうか。と疑問を投げかける本です。

    もぐもぐもぐさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。