本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

オニのサラリーマン

赤鬼のオニガワラ・ケン、地獄カンパニーの平社員。一男一女あり。びしっとスーツで決め、愛妻弁当と金棒持って、満員バスで出勤です。社長みたいな閻魔大王の指示で、今日は血の池地獄の見張りにつくことになりました。釜ゆで地獄の火の番を言いつかった同僚からは「ええなぁ、らくちんやんか」と羨ましがられますが、亡者どもは決まりを守らず、てんやわんや。そして、ちょっと油断したすきに、大変なことが起きてしまいました!

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 36ページ
サイズ : 26×27cm
初版年月日 : 2015年10月10日
ISBN : 978-4-8340-8200-5
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

作品についてもっと知る

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(43件)

  • 豆まきのときに保育園で読みたい絵本を探していて図書館で見つけ、読み進めていくうちに笑いをこらえるのに必死でした。鬼のお父さんもみんな(子どもたち)のお父さんも、お仕事大変だね……と。そして、私たち仕事をもつ者も大変。でも、愛する家族のために頑張っていて、共感する部分もたくさんありました。絵も細かな部分に生活感があふれていて、じっくり見ると発見が多く面白かったです。「鬼って恐い」だけのイメージから脱却できる1冊でした。

    E.T.さん

  • 小さい頃から絵本が好きで、自分も作っていました。大島妙子さんの絵は温かくてユーモアがあって大好きです。マネして絵をかくこともありました。「オニのサラリーマン」も、大島さんの絵に惹かれて立ち読みし、文章の特に会話がテンポよくて購入しました。オニの世界だけど、人間の世界と通ずる所があり、地獄という子どもが興味をもつ職場でおにがわらさんが働いているのが、とってもおもしろいです!自分は今二年生の担任をしていて、子どもたちにおすすめの本を教室に置いて読ませています。この本も(ボロボロになるのはちょっとイヤだけど)子どもたちが気に入ると思ったので置きます!!

    たまさん

  • オニのサラリーマンのお話は、全部おもしろい本だと思います。何度読んでも、まったく飽きない本。富安陽子さん、大島妙子さんのファンになりました。

    井口 潤子さん

  • 富安陽子先生の作品のファンで、この絵本を図書館で見てからずっと気になっていました。「オニも人間と一緒」なんて、考えもしなかったです。笑えますね。(P.S.娘は『まゆとおに』が大好きです。)

    田中智子さん

  • この本は、しゅじんこうの「オニガワラ ケン」が、いろんなことをしているぜんぶが、おもしろいです。

    はーたんさん

  • 富安先生の講演会をきき、その日にすぐネットでポチッと購入しました。書店で見かけてはいましたが、表題からちょっと難しそう(幼稚園児には)と、手にとったことはなかったです。ですが!!!もっと早く知りたかったと思うほど、先生の読みきかせで一気にファンになりました。先生ほど大阪弁がうまくできませんが、子どももおもしろがって大阪弁を真似るようになり(7歳と5歳)、大好きな本です。サラリーマンシリーズ楽しみにしています♪

    ゆうちゃんさん

  • 子ども(3歳)、鬼、妖怪、やまんば、カミナリさま、おばけ…の類の民俗的なものが大好きです。Eテレの「オニサラ」アニメを見せてみたら、どハマリ。何度も何度も繰り返し見ています。私も「あれ?この絵、本屋さんで見たことあるかも…」と、早速購入、すると絵本とテレビを「おんなじオニさんだねぇ」と見比べ、嬉々と読んでいます。読みきかせをする方としても、サラリーマンの身につまされることも多く、他の絵本(童話的なもの)より、実感をこめて読めている気がします(笑)。これまでベストセラー的な、長年読みつがれている本を主にセレクトしてきましたが、こういう「新しい絵本」もおもしろいですよね!

    湯田美保さん

  • インパクトの強い表紙に惹かれ読んでみたところ、私も娘もすっかりオニガワラさんの虜に…!!普通のサラリーマンと同じように毎日がんばって働くオニガワラさんの姿は、主婦の私からしてもグッとくる何かがありました。サブキャラの家族や、オニジマさんも魅力的です。続編も楽しみにしていますね!

    オニミヤさん

  • 子どもたちも大好きで、読みきかせもよく手にとって、後追いで自分で読むこともしてくれます。大人気でシリーズ全部もっています!!!

    samikapiさん

  • オニのサラリーマンの絵本は、私も息子も大好きです。

    ブタ子さん

  • 兎に角楽しい面白い絵本。オニガワラケンさんが、かわいらしい。大阪の出身である私には関西弁の会話が心地よく楽しく、話の発想がユニーク。絵は隅々まで色々な発見が有り、オニさんが正面だけでなく、様々なアングルから描かれていて、楽しみに溢れている。安野光雅さんの「旅の絵本」が大好きで、全巻持っていますが、この『オニサラ』も是非長くシリーズ化してほしい。

    無しさん

  • オニのサラリーマンのお話3冊とも、大人も子どもも楽しめる本だと思います。

    ひまわりさん

  • TVで紹介されていた子どもによろこばれる本の中に、『オニのサラリーマン』があったので買って読んだら、大人も子どもも楽しんで見る事ができまして、本当にありがとうございます。本の絵がとっても良いです。

    小さなおさるさん

  • 2歳の双子の男の子の母です。2人とも本が好きで、毎日本を手にしています。保育園で、節分のときの鬼をみて以来、絵本の中に出てくる鬼の絵を指さして反応してます。しかし、鬼は少しこわいようで、表紙の鬼をみせながらしかると、かなり素直になります。母は鬼顔にならずにいられます。

    おとといさん

  • 6歳の誕生日に友達からプレゼントされた本で、タイトルに興味を持ったパパが、珍しく読みきかせてくれました。息子とパパで大笑いしながらページをめくっていて、息子はオニの生活に興味津々!パパは読みおわってからも、質問されたことに自分の体験談をしっかり含めて(!)サラリーマン生活を説明していました。「ボーナスカット」って何?正(せい)の文字ってどういうこと?すごく濃い話を親子でしていて、隣に居た私(ママ)は、とてもほほえましかったです。パパ→オニの世界も大変やなぁ…どこも同じような悩みが…。息子→じごくって色々あって泳いでみたい!お土産楽しみ!だそうです。何回見ても新しい発見を親子で見つけて、当分は寝る前に読むのが日課になりそうです!

    みつみさん

  • 子どもにもわかりやすい関西弁で、「鬼はコワイ!!」というイメージから、「何だか鬼っておもしろい」という印象に変わったようです。続編が気になります…。

    暮林黎さん

  • オニの話なので怖いのかな?と思いましたが、面白かったです。内容も絵も、とてもこだわりを感じました。内容が途中(怒られたあたり)から、ナレーターなのか?オニガワラさんの言葉なのか?区別がなくなったのですが、理由があるのでしょうか?酒の所の会話がもう少しあると、終わり感がでると思いました。絵がいろいろなところまで描かれていて、とてもよかったです。細かいところまで描かれているので、注目ポイントなどを先生や親むけに作ると、子どもと絵本を使って読むだけではない、見るという点でも広がるのではと思いました。

    おみそさん

  • 絵も内容も、大阪弁をしゃべるオニガワラさんも大好きです。娘たちも高校生になりましたが、いつか生まれる孫のために絵本は買い続けています。これからも、おもしろくてホッコリする絵本をたくさん集めたいと思っています。

    マノカナママさん

  • 住んでいる地域が関西圏ではありますが、コテコテの関西弁で読むので、子どもたちだけでなく読んでいる私まで楽しめます。絵本を卒業したかなと思っていた、まん中の小3の娘が一番この絵本を気に入り、ママ読んでと言ってきます。「くもの糸」の場面もでてきますが、これもNHKの「にほんごであそぼ」で、子どもたちも知っていたので、色々つながっておもしろかったようです。シリーズがあるのを知らなかったので、これから集めたいと思います。

    濱中遥さん

  • 大人も子どもも楽しめる本だと思います。図書館で借りた本を職場の若手の先生に見せてあげたら、楽しめる本だね!と言っていましたが、その後たまたま夜テレビを見ていたら、マツコデラックスの番組で『オニのサラリーマン』の本を話題にしていたよと教えてくれました。おもしろいだけでなくとてもいい本だと思い、自分の手持ちにしたいので購入しました。楽しく読める本を今後も福音館書店のほうで出版してください。期待しております。

    のむちゃんさん

  • NHKラジオ深夜便で、読み聞かせの方が推薦されていたので、購入しました。私の妹が小学校、幼稚園で読み聞かせのボランティアをしているので、プレゼントにして今から送ります。反応が楽しみです。福音館の絵本は、私がまだ18歳の頃月刊こどものともから愛読させていただいています。

    ハッピーチャイルドさん

  • 子どもが店頭でみつけてほしがり、購入しました。ちょうど2月で節分でしたので。自分も幼い頃そうでしたが、子どもにとって鬼とか地獄とか、怖いけど興味のあるものです。でもこちらの絵本は、すこし情けないような風貌の鬼や妖怪たちが描かれていて、楽しい内容でした。大人も一緒に笑ってしまいます。

    チョキチョキさんさん

  • 毎日0歳(4ヶ月)の息子に読みきかせをしています。こちらの本は、対象としてはまだ早いかもしれませんが、息子はダイナミックで迫力のある絵を目でおって、興味深くみています。読みきかせは「大人も楽しめて、ワクワクすることが大事」と考えます。この本は大人も楽しめ、夫が働いている姿に重ねあわせて感謝の念で読むので、息子にも伝わると思います。深い本だと思う。そして、関西弁でめちゃ読みやすいです。

    Bennyさん

  • 人間もつらいけど、オニもつらい。生活に密着したオニの一日。大阪弁も相まって笑えます。小学校の読み聞かせで大ウケでした。ぜひ、どんどんシリーズ化と、えんま編なども期待。

    藤江江里子さん

  • 地獄に勤めるサラリーマンという設定がおもしろくて購入しました。私は5歳児の担任なのですが、私も子ども達も絵本が大好きで、ハマると毎日同じ物を読んで台詞を覚えて、一緒に声に出して読むこともあります。この絵本はオニが関西弁というところに、子ども達もツボに入り…笑いが止まりませんでした。そして見たことのない地獄の様子に、興味深く見ていました。「オニも働いてお金もらうんだね…」とボソっと子どもがつぶやいた時には、私が笑ってしまいました。しばらく「オニのサラリーマンがいい!」という声が続きそうです。

    杉﨑良美さん

  • 保育園の移動図書で回ってきたのですが、人気でなかなか読めないそうなので、クリスマスに購入してプレゼントしました。「おに」が地獄に出勤すること、バスで通っていること、結婚して子どもとペット?がいること、そして関西弁で話すこと…「おに」が出てくる本なのにシュールでおもしろく、子どもの心をとらえた理由がわかりました。

    蔵睦未さん

  • この絵本をテレビで紹介されて、娘の小学校の図書館にあって、少しみて購入しました。読んだらすごくすごく楽しい絵本でした。関西弁だし、迫力のある絵やし、オニガワラ君の言っていることがおもしろくて。この鬼さん、人間界で言うと、バリバリの中年のサラリーマンのおじさんやと感じました。地獄とはこんなところなの?など思いました。子どもにこれを読んであげたら「この絵本すごくおもしろい」と言って、読んでる最中に笑い声がきくことができて、良かったです。この絵本、人にすすめることできます。大切に使わせてもらいます。ありがとう。

    匿名さん

  • 最初の絵からつっ込むところがたくさんあって、大人も子どもも1ページずつじっくり味わって味わって、大変楽しかったです。主人公のオニガワラさん以外にも、スポットライトをあてたいオニさんやようかいさんがたくさん。5歳の娘は「この人は今日はこんな気持ちだよ」とか「わたしはこの人が好き」と言って、喜んでいました。もうすぐ節分なので、娘の弁当をオニガワラさんのあいさいべんとうのようにしたいな…。

    Y.Yさん

  • 思わず笑っちゃいました!ナイスです!読み聴かせに最高かも!

    野上幸彦さん

  • オニのサラリーマン、オニのサラリーマンしゅっちょうはつらいよを子どもへの読み聞かせのため、購入しました。夫が仕事がいそがしく出張も多いため、さびしい思いをしているけれど、“大変だけどがんばってくれているんだよ”が、伝わればいいなぁと思って読んでいます。2歳の子どもにはむずかしいかととも思いましたが、よく「読んで」と持ってきます。そして父さんと同じだね、と言うこともあります。こわいけどちょっとかわいい、いっしょうけんめいなオニ。がんばれーと言いたくなります。

    マナさん

  • 父の日にオニのサラリーマンをプレゼントしました。母親が出て来る絵本は沢山あるのですが、父親が出て来る絵本は少ないので、もっともっと父親が親しみやすく、子どもにも父親の仕事のイメージが伝わる様な絵本が増えると嬉しく思います。夫や娘にも、オニのサラリーマン好評でした!

    匿名さん

  • 子供への読みきかせのため購入しました。子(2歳3ヶ月)は、お父さんが仕事に行く=遊びに行く、楽しいことをしていると思っています。出張続きでいないこともあり、出張の本と一緒に購入。まだ絵に少しこわさがあったようですが、「父さん、がんばってるの」と何度か口にしていたので、何か伝わったかな?と思います。不在がちな主人が私たちのために頑張ってくれている。見えないけれど、そういうことを想像できる人になってほしいと思います。

    かみくまさん

  • オニのサラリーマンがものすごくおもしろかったので、1話から8話までつくってください。

    お子さんの年齢:小学低学年

  • 絵本ナビで、とても気になっていました。関西弁でかかれているところ、鬼の話しは色々な鬼が出てきますが、地獄はほとんど同じ感じの話が多い中、違った地獄がみられるところ、何よりも自分がおもしろそうに思い購入しました。うちは、5歳の双子(女の子2人)と3歳の娘の3人。なじみのある関西弁で読むと喜んでくれました。 内容よりも絵がおもしろいらしく、細かい所までみています。内容的には子ども達の前で完璧に読みきかせできるようになりたい一冊になりました。ありがとうございました。これからも沢山ステキな絵本をよろしくお願い致します。

  • 「ち」の池やかまゆのじごくがあってこわかったです。糸の上にあるやつはなにですか?おでんやさんのお店の人のおばけの名前はなんていう名前ですか?いつもやなぎの木の上にいるのは カラスですか?じごくにもスカイツリーがあったなんてびっくりしました。

    中嶋 大也さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 絵の細部にも生活感があふれ何度見てもあきず毎回新鮮さが感じられる。子どもは鬼はこわいものだという印象をもっているが、この本のオニからは、こわさよりもユニークさ、また人間っぽさを思わせる。特にメッセージ性がこめられている様に感じないが、そこがかえって考えさせられるものがある。とにかく子どもから大人までどの世代でもひき込まれる作品だと思います。

  • ウケてました。子供の心にストライクでした!!小学校5年生のクラスで読み聞かせをした時、表紙とタイトルを 読んで見せると一瞬で子供達はくぎづけになってました。インパクト大でした。 読んでいる間ずっと子供たちは、ニコニコクスクス。地獄のこわい気持ち悪い雰囲気なのに、何とも笑える ゴムボート。大阪弁がこんなにも面白くするとはびっくりでした。今後は節分の時の読み聞かせは、この本に決めました。きっと1年生~6年生まで全学年で受け入れられると 思います。素晴らしい本をありがとうございました。

    東村 了子さん

  • 小学校で読み聞かせをしています。高学年で読める2月本をさがしていてこの本を発見!!立ち読みして 一人で声出して笑ってしまいました!!そく買って学校で読みました♪ 「おにも大変やなあー」「じごくってこわいなあー」「くもの糸の話しが出てきておもしろかった」 子ども達の感想です。(6年生) しかし、関西に20年住んでいた者としては、関西弁(?)がちょっと ちゅうとはんぱで読みにくかったです。でもでも、「ごくらくなんか、いってもひまなだけやぞお!」には 笑ってしまいました!楽しい本を有難うございました!!

  • こどもに読んであげようと選びましたが、自分自身が「オニ社会」にはまってしまいました。なんだか生活感や哀愁感漂うおとうちゃんがいとおしく感じました。「じごく」のお話はちょっと不気味なものが多い中、笑えて気持ちまで温まる本でした。つづきの「おとうちゃんの出張」も気になり開いてみると出張先は「出雲」!やられたー!

  • 書店でこの本を手にした時、内容を読んで思わず笑ってしまいました。なぜなら、私も含め夫がサラリーマンで管理職となり、それまでの道のりを見ていてまさにオニガワラのような想いは数々有ったので“分かるナァ”で笑ってしまいました。学校支援ボランティアで読み聞かせをしているので、毎年2月はこの本をそれに利用しています。

  • こわがりの4歳の息子。こわいけど見たい、見たいけどこわいは、やはり人間の本能のようで、普段は絶対に手にとらない鬼の絵本を私のところに持ってきて「これ、読みたい」と言ったのには驚きました。こわそうな鬼の絵だけど、どこかユーモアのある鬼の様子に興味をひかれたようです。絵本の中の絵も人間味のあふれる妖怪、おばけ、亡者の数々…突然大きくなる鬼の顔、大人の私もついつい隅々までなにかひそんでいないか、探してしまいます。血の池地獄の説明がなかなか難しかったですが、「悪いこと、人をだましたりすると、ここに来るのよ」とさりげなーく教訓めいたことも伝えられ、1冊で何度もたのしめます。

    いちこさん

  • 主人が気に入り購入しました。3歳の娘に読み聞かせています。鬼を怖がっていたのですが、鬼を好きになった様です。(笑)これで今年の保育園のまめまきも大丈夫かな?

    orchid 2014さん

  • 気持ちの沈んでいたある日フラリと絵本を見に行き、ヨシタケシンスケさんの本を探していたのに、このオニのサラリーマンが「俺を見てくれ!!!」とばかりに、目にとびこんで来ました。パラッと立ち読みしたらどうしても欲しくなり、70歳でも私の愛読書だ!と即購入。文も絵もすごい。特にどのオニのキャラも気に入っています。素晴らしい1冊Thanks!

    佐藤 昭子さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。