本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ピーター・パンとウェンディ

ある夜、いつも夢の中にあらわれるピーター・パンに誘われて、ウェンディたちは「ネヴァーランド」へ飛び立ちます。妖精、海賊、人食いワニ、それに人魚たちが待ち受ける世界へ。さあ、わくわくする冒険ー陽気で、むじゃきで、きままな者たちだけに許される至福の時の始まりです。原書のさし絵を復刻した決定版。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,900円+税
ページ数 : 336ページ
サイズ : 21×17cm
初版年月日 : 1972年04月01日
ISBN : 978-4-8340-0309-3
シリーズ 福音館古典童話

その他の仕様 +

目次を見る

もくじ

1.  ピーター あらわれる
2.  影
3.  さあ、いこうよ、いこうよ
4.  空をとぶ
5.  夢の島、出現
6.  小さい家
7.  地下の家
8.  人魚の礁湖
9.  ネヴァー鳥
10.  しあわせな家
11.  ウェンディのお話
12.  子どもたち、つれ去られる
13.  あなたは、妖精を信じますか
14.  海賊船
15.  今度こそ、フックか、ぼくだ
16.  家に帰る
17.  ウェンディが大きくなって

解説

とじる

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~

みんなの感想(2件)

  • 石井桃子さんの本を読むたびに「ああ、これからはじめてこの本を読む人はいいなぁ」と感じます。本に少し鼻を近づけて、すーっと思い切り息を吸い込むことで、彼女の選ぶことばの美しさを少しでも体に取り込めたらいいのにと思い、これからそんな風に思える時間が待っているすべての人に、少しやきもちを焼いてしまいます。2019年に読む1900年代初頭のイギリスはとても新鮮。各家庭にいたという「ばあや」文化のことや「クリスマス・プディング」とは何だろう、ということが、物語とは別のわくわくの気持ちをひきたててくれます。出会えて心から嬉しい本です。

    匿名さん

  • 面白くて一気に読んでしまいました。私には子どもの頃のウェンディの気持ちも、大人になったウェンディの気持ちもよくわかります。大人になってしまったウェンディがとても切なかったです。涙が出てしまいました。自由で無邪気で、いつまでも、子どもでいられるけれど、いつまでも、お母さんを求めているピーターパン。彼を見てると、また、切なくなります。私は大人の心で読みましたが、面白くて、胸がきゅんとする物語でした。

    シュシュさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。