本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

十一月の扉

双眼鏡の中に、その家はふいにあらわれた。十一月荘――偶然見つけた素敵な洋館で、爽子は2ヵ月間下宿生活を送ることになる。十一月荘をとりまく、個性的ながらもあたたかい大人たち、年下のルミちゃんとのふれあい、耿介への淡い恋心・・・・・・そして現実とシンクロする、もうひとつの秘密の物語。 「迷うようなことがあっても、それが十一月なら前に進むの」。十一月の扉を開いた爽子を待ち受けていたのは・・・・・・。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,800円+税
ページ数 : 336ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2016年10月10日
ISBN : 978-4-8340-8294-4
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版

みんなの感想(6件)

  • 12年位前文庫で出版された時、通勤電車で読み、とてもさわやかなほっとした気持ちになりました。最近コロナウィルスで世の中落ちつかず、テレビその他も見たくなくなり、読書をすることが多くなりました。そんな時本棚から「十一月の扉」をとり出し読みはじめたら、とてもさわやかな落ちついた気持ちになり、表紙にさそわれ購入してしまいました。作者の感性がとても好きです。夢見るだけではなく、現実もとりいれ、真面目に生活している人が多くいることを知ります。

    星野 康子さん

  • この気持ちは、なんだろう。十一月の扉をみつけたとき、読んでいるとき、読みおえた今。わたしの心の中には、好きとか幸せとかにちょっとにているけれど、ちょっとちがう気持ちがある。この本の名前は「十一月の扉」だけれど、冬から春に変わるときに吹く、さーっとすずしくて、ちょっとあたたかな春の風みたいなものを感じました。出会えてよかったです。児童文学、絵本、だいすきです。これからもすてきな本をつくるみんながHAPPYでありますように。

    匿名さん

  • 正直「高楼方子」さんの名前の読みにくさに引かれて、本を手にしました。でもとっても良い出会いになり、どんどん引き込まれて楽しかったです。今は『時計坂の家』を読んでいます。今年70歳をむかえ、還暦返りで10歳の自分になって楽しんでまーす。

    匿名さん

  • とてもおもしろかったです。「ドードー森の物語」も読めて、とてもおもしろかったです。登場人物がみんな良い人で、私も1回会ってみたいなと思いました。表紙の絵もきれいで、かわいかったです。高楼方子さんの別の本も読んでみたいと思いました。おもしろくて、すぐ読み終っちゃいました。

    田中あかりさん

  • るみちゃんがすごくかわいくてすきです。十一月そうの住人の関さんとかもすてきです。ドードー森がすごくすてきで1度すんでみたいと思いました。

    篠原 夕子さん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 最初に呼んだのは小学生のときでしたが、高校生になった今でも大好きです。秋になると読みたくなります。自分でも大袈裟だと思うのですが、ずっとこの本と生きていきたいです。

    ももさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。