本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

塩田の運動会

山口県防府市の瀬戸内海に面した一帯には江戸時代に大規模な塩田が開かれ、第二次世界大戦後までさかんに製塩業が営まれていました。政府の方針により塩田が廃業と決まったとき、その跡地で町をあげての大運動会が開かれたのです。懐かしい昔ふうの運動会の思い出と、日本での古代からの製塩史とを重ね合わせて展開する、ユニークな絵本。自身、小四で徒競走、地域対抗リレー、騎馬戦に参加した画家が生き生きと絵筆をふるいます。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 1,650円(税込)
ページ数 : 44ページ
サイズ : 26×27cm
初版年月日 : 2017年01月20日
ISBN : 978-4-8340-8320-0
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

みんなの感想(2件)

  • 私の親友のお父様は「専売公社」に勤めておられました。従って「せんばいこうしゃ」の発音は、私の耳に残っており、本日この本を読み、久しぶりに「専売」の文字を目にして、懐かしく思います。公社が専売としていた塩と煙草。その塩について、この年になるまで詳しく知りませんでした。この絵本を見て気の遠くなるような、祖先の工夫を強く感じました。長い年月をかけ、人間の知恵により作られてきた「塩」。子供たちもその歴史をこのような絵本により、学んでいくことができ、安心しました。その歴史が確実に伝承されていくことはとても重要なことと考えてます。

  • 私は小学校低学年の頃三田尻の問屋口(トイヤクチ)地区に住んでいて、友人が塩田の息子で、度々遊びに行き、実さいに手伝いをした想い出があります。この本をんでいて、あの頃の風景が走馬灯のように、マブタをかけめぐりました。まったく・その通り!!炎天下の中、アセがダラダラ、塩をなめなめ、真っ黒に陽に焼けた・・・そして、かわいたノドにしみとおる水の美味しい事美味しい事今では昔々の物語りです。子供やマゴにこの本を読ませて、この通りの経験してるよ!じいちゃんは!!と・・・本当!!とビックリしてました。このような貴重な資料(本)は、ぜひ、残したいですネ!

    池田 叶道さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。