本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による

おおきな おおきな おいも

子どもたちの空想が無限に広がる愉快なお話

楽しみにしていたいもほり遠足の日、雨が降って延期になってしまいました。残念がる子どもたちは大きな紙においもを描きはじめます。紙をつなげてつなげて、おいもの絵はどんどん大きくなります。大きなおいもは、ヘリコプターで幼稚園に運びます。プールに浮かべて船にしたり、かいじゅうにみたてて遊びます。たくさん遊んだあとは、天ぷら、焼きいも、大学いも、たくさん作っておいもパーティ! 大きなおいもをめぐる子どもたちの空想がつまった絵童話です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

市村 久子 原案 / 赤羽 末吉 作・絵
カテゴリ : 幼年童話
定価 : 1,320円(税込)
ページ数 : 88ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 1972年10月01日
ISBN : 978-4-8340-0360-4
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~

みんなの感想(18件)

  • 幼い頃に読んでいた懐かしい本。探してみたら、まだありました!! 嬉しい!! 今は2歳(もうすぐ3歳)の子どもに読んでいます。楽しそうに自分もひらがなを手で指しながら音読しています。一つのおいもが七変化、大人になった今でもユーモアが楽しくほっこりしました。おならで宇宙へ行くあたりがお気に入りのようで、何回も読む様せがまれます。こういう素敵な本は後世にも是非残して欲しいですね。

    こうちゃんママさん

  • この本は、以前いとこが持っていたものを私が出産したとき、おばが私の子に譲ってくれたものでしたが、シミだらけになり、引越しの際処分してしまいましたが、先日娘(私の子)が孫に「ママこの本好きだったなあ」と何かの雑誌に載っていた写真を見て話していました。孫が産まれてから、自分が子どもの頃の話をよくするようになった娘に、自分が好きだった本を孫にも見せてあげたいだろうと購入しました。絵本、物語、歌等、伝えていきたいもの、好きなものが続くってうれしい事ですね。

    みいさん

  • 小さな頃大好きでした。内容も忘れ、なーんかおおきなおいもを描いて長くなる本とインプットされておりました。子どもが生まれ、まったく子育てが思うようにいかずへこんでばかり、その中で子どもの読み聞かせなどで、私もまたこの本と再会し「紙ちょーだい」「えのぐちょうだい」「ぴちゃぴちゃ」「ごしごし」と満たされてゆく感じが、とてもとても幸せに包まれて…。ちょーどニューヨーク経験がある先生が描かれていたのでスタイリッシュだなと。「スーホの白い馬」の黄土色とむすびつかなかったですが、赤羽先生にしてやられたりです。

    おでぶのカッパさん

  • 子ども達の自由な発送がどんどん どんどん蛇口をひねった水道のように出てくるところが楽しい本です。親子でちんまり読み聞かせをするにはちょうど良い本なのですが、数人集めて行うお話会的なもので読むには、少々小さいので苦慮します。縦が30cm程の大きさで、どんどん紙をつなげて大きなおいもにするところなどは、、ページをめくっていくのではなく、じゃばらに折ったページを広げていくような仕掛けがあると、読み聞かせに使いやすいと思っています。

    ベージュのしろちゃんさん

  • わたしがおおきなおいもですごかったところは、こどもがつまんないっていったのに「おいもはね1つねるとむくっとおおきくなってまっててくれるよ」とはげましたところがすてきでした!

    みみさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 子どもに絵本を読むようになって、どんな絵本がいいか図書館で探しているときに、自分が子どものときに読んだ絵本を探すことにしました。話の内容は、サツマイモを食べてオナラで空を飛ぶもので、絵は紫色をしていて、とにかく大きい絵本だった、と記憶してました。こちらを手にして絵本自体が小さいことに驚きました。図書館の人に、これの大きいのはありますか?と聞いたほどです。大きかったのは私の想像だったんだなぁと嬉しくなりました。

    あさちゃんのママさん

  • 図書館のおすすめの本に載っていたので、すぐにネット検索し購入しました。表紙の絵を見てビビッ…というか、この絵本知ってる!懐かしい!と思い…しかもとっても大好きだった絵本だったので、35年以上経った今、出会えて嬉しかったです。色を何色も使っていないのと、さつまいものリアルな色合いに、大人になった今もすっごく心が落ち着きます。小学生への読み聞かせに役立たせて頂きます。ありがとうございます!

    きこりさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 孫が、楽しいみたいで何回も読んでいました。次のページにどうなるか、おもしろい本でした。

    りゅうちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 私が保育園時代大好きな絵本の1つで、大人になってからも忘れられず、数年探してようやく手に入れました!大きなおいもを描いていくところも、どうやって掘るのか考えるのも食べるのも大好きで、先生が「えー」と否定的じゃなく「じゃ次は?次は?」とワクワクしてくれてる感じも好きです!色も2色なのに何色もあるように想像できるのも好きで、とにかく素敵な絵本だと思っています。

    みっちーさん

  • 娘に読んであげたくて買いました。私自身も母に幼い頃読んでもらい、心に残っている一冊だったからです。「ただ、なんだかおもしろい」「読んでいるとウキウキする」そんな感じを間違いなく娘も感じていてくれるらしく、読んでとせがまれます。思い出の本をこうして読んであげられて嬉しいです。

    みやさん
    お子さんの年齢:4才

  • ようちえんでかりて、おもしろかったから買いました。

    佐々木晴汰さん

  • 4歳になったばかりのタイミングで、プレゼントしてもらいました。年を重ねるごとに、触れる絵本もボリュームが出て読みごたえもあり、それでも子どもも自然と楽しんでいるのがすごいなぁと、成長を実感しています。ようちえんでの生活と重ねて読んだのか「ようちえんのせんせいに、このえほんをおしえたいー!」と、よろこんで話してくれました。工作好きの本人にはピッタリでした。

    岩竹香織さん

  • この本を図書館のおはなし会で、子どもたちに読みました。ざわついていた子たちがスゥーっと静まり、集中して本の世界に入り、わくわくどきどき…ついにはピョ~ンとはじける姿もありました。読み手の私が驚いたほど、子どもたちの感動が1つになってうれしく、幸せな一体感を味わいました。ありがとうございます。

    坂田ミチ子さん

  • ようち園のころに読んで、今でも好きです。

    麻央さん

  • 自分が子どもの頃に大好きで、何度も読んでいた本です。店頭で表紙を見た時は、すぐにその時のワクワクした気持ちを思い出し、子どもそっちのけで読みました。まさか40年たった今でも、販売しているとは思いませんでした。すぐに購入し、子どもに読み聞かせています。

    みうたんさん

  • 実習で、保育所の子どもたちの前で読み聞かせしました。ちょうど「芋掘り」が雨天で延期となり、悔しさや悲しさを感じていただろうと思うので、まさにぴったりで「わくわく」へと気分を変えられる子もいたと思います。芋の色だけのカラーなので、紙に描いたお~っきなおいもがすごく良いです。子どもたちも「え、まだ!」「まだ~!?」と、キャーっと嬉しそうでした。最初は学校の図書館で見つけていいなと思っていたのですが、やっぱり子どもたちに読み聞かせすると、更にこの絵本の素敵さを感じられました。お気に入りの1冊です。

    にのさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 幼稚園でこの絵本を絵巻物風に作りました。絵本で読むときも大きなおおきな、お芋でしたが、一枚の紙にしたことにより、よりおおきなおいも。として子供たちに受け入れられたようです。この絵本を読んだ後、芋ほり、焼き芋大会を行い子供たちはおならがたくさんでるよー。と楽しそうに話してくれました。

    桃花母さん

  • 『実際の園での遊びからヒントを得て作られた』物語だけに子供たちの発想の豊かさ、奇想天外な結末にあっと驚かされます。たくさんの子供たちに読んでもらいたくて我が家の本棚にあったこの本を子供の通うPTAの活動を通して小学校に寄付しました。秋になると思い出される一冊です。

    叡山すみれさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。