本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

あらいぐまとねずみたち

森の川辺に住むアライグマの親子の家から、ある日ジャガイモや豆が袋ごとなくなっていました。こぼれた豆のあとを追っていくと、ネズミたちが前になくなったおもちゃで遊んでおり、豆の袋もそこにありました。アライグマの親子は怒って、ネズミたちをつかまえますが、ネズミたちが食べ物に困っていると知り、一緒に畑を作り、家を建てることにしました。大友康夫の初めての絵本です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

大友 康夫 作・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1977年04月01日
ISBN : 978-4-8340-0521-9
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~

みんなの感想(2件)

  • 幼稚園で読みきかせをしたところ、ネズミの家が建てられる設計図の場面で、「え、すべりだい?」と反応し、徐々にできていく次の場面では、本当にすべりだいができるのかとワクワクしながら絵本に集中し、とうとう家ができたときには、「ずるいっ」「いいなぁー」「ほしいなぁー」と口々にすべりだいが家にあるのを喜んでいました。また、家で読んでいたところネズミたちの広場や、新しくできるお家など丁寧に描かれているので熱心に見ていると「お母さん、ネズミの読んでいる絵本。ぐりとぐらだ!!」と娘。えー作者が違うのに・・・。と思いながら見ると本当にぐりとぐらの絵本だったのでびっくりしました。

    桃花母さん

  • 3歳と2歳の娘のお気に入りですたくさんのねずみが遊んだり働いたりする様子が細かい絵で生き生きと描き込まれており、毎晩読んでも飽きません。特に、出来上がったすべり台つきのねずみの家は子供の夢のようで、心を捉えます。最後はお礼にきた笠地蔵の歌のような、リズム感のあるねずみの歌を娘が自分でひそひそ声で口ずさんで眠りに落ちていきます。

    あやはるさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。