本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぐりとぐらのかいすいよく

ぐりとぐらが浜辺で遊んでいると、沖から葡萄酒の空き瓶が流れてきました。栓を開けてみると、中には「しんじゅとうだいへきてください」という、うみぼうずからの手紙が入っていました。ぐりとぐらが、浮き袋をつけてうみぼうずの島までたどりつくと、うみぼうずは灯台の真珠のランプを穴に落としてこまっていました。ぐりとぐらは穴に入って真珠をもちかえりました。うみぼうずはお礼に、いろいろな泳ぎ方を教えてくれるのでした。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1977年04月01日
ISBN : 978-4-8340-0528-8
シリーズ ぐりとぐらの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~

みんなの感想(7件)

  • 読み始めたら、病気でいつも言葉が出てこない妻が、むじゃきに楽しそうに絵本にツッコミを入れていた。

    タカさん

  • 楽しく読みました。

    うーるさん
    お子さんの年齢:1才

  • ぐりとぐらシリーズの色々な物を少しずつ買い与えていますが…今まで…色々な種類を日によって?気分によって変わってたんですが…今回の本は…気に入ったのか?1週間連続で夜ねる前の本として選ばれ読んでいます。プールに習っているので…興味がわいたのですかね?すばらしく、かわいらしい、そして…やさしさがあふれる本でした。買って良かったです!

    みるるさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 私(33歳母親)が、子どもの頃に沢山よんで大好きだった、かいすいよくの絵本!ぐりぐらの中でも1番好きで、灯台の中に入っていくドキドキ感などを思い出しながら読んでいます。私の時の本はボロボロになってしまったので、再購入です!

    小林 香菜さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 夏の旅行に向けて子どもと一緒に気分を高めようと、私が大好きなぐりとぐらでぴったりの絵本があるじゃない!と思い購入しました。1歳半にとっては文が多いようで、読みきる前にどんどんめくってしまいますが、これを読んでくれと持ってくるので、絵だけでも楽しんでいるのかなと思います。

    あっちゃんさん
    お子さんの年齢:1才

  • 小さなときから水が苦手だった息子。でも、今年の夏はちょっと違うようです。一生懸命、水とお友達になろうとしているようです。プール遊びにもいっそう力がはいっている様子。今一番息子の興味のあるものは、泳いだり水遊びをしたりすること。ということで、この夏は何度もこの絵本を繰り返し読んでいます。ぐりとぐらがいろいろな泳ぎを教わっているシーンがとっても大好きみたいです。それと、うみぼうずさんも気に入ったらしく、妹と遊んでいるときなど、「うみぼうずだぞ~」と言って楽しんでいます。

    りんごママさん

  • プールに通っている息子。だから、泳ぐことののっているこの絵本はお気に入りの1つです。この絵本に出会ったとき、真似する!!のでは・・・と思いました。そして次回のプールの時。案の定真似しておりました。そして真似していたら、背の低い息子には足の届かないところまで勝手に出ていってしまい、半分溺れかけ(本人楽しいそうでしたが、親と先生はびっくり)!真似するのも良いけど、ほどほどに。が教訓になった絵本です。

    さやぽん☆さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。