本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

グリムの昔話1

美しい挿絵が魅力のグリムの昔話集第1巻

スイスの版画家・絵本画家のホフマンが101の話を選び、4色の見事な挿絵をつけたグリムの昔話(全3巻)の第1巻。「カエルの王さま」「オオカミと七ひきの子ヤギ」「兄さんと妹」「ラプンツェル」「ヘンゼルとグレーテル」「白ヘビ」「灰かぶり」「ホレおばさん」「七羽のカラス」「こわがることをおぼえたくて旅にでかけた男の話」「ブレーメンの音楽隊」「親指こぞう」「ネズの木の話」「名付け親の死神」など35編を収録。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 4,620円(税込)
ページ数 : 420ページ
サイズ : 26×19cm
初版年月日 : 1986年03月01日
ISBN : 978-4-8340-0531-8
シリーズ 福音館の愛蔵版

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

みんなの感想(1件)

  • 子どものときに、ホフマンの『おおかみと七ひきの子やぎ』が大好きでよく読んでいました。最近まですっかり忘れていたのですが、クリスマスに『クリスマスのものがたり』を目にする機会があり、昔好きだった気持ちがよみがえりました。このグリムの昔話は子どものときには知らなかったのですが、大人になった今読んでもまったくあきません。時々入っているホフマンのさし絵がすばらしいです。独特な色づかいと構図、動物たちのいきいきとした表情など見ているだけでわくわくしてきます。文庫版でもよかったのですが、大きい絵で楽しみたかったので愛蔵版を購入しました。この愛蔵版のデザインもすてきです。これから大切にしていきたいです。3巻が品切れになっているのは非常に残念です!福音館書店さんの愛蔵版はどれもすばらしい本だと思います。ピーターラビットも持ってます!

    どんなあんなさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。