本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

旅の絵本

中部ヨーロッパ編

中部ヨーロッパの自然や街並みを背景に、克明繊細な筆使いで旅の楽しさを描きだした絵ばかりの絵本。世界各国の子どもたちが喜んでいる、心おどる絵本です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 56ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 1977年04月15日
ISBN : 978-4-8340-0539-4
シリーズ 安野光雅の絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

みんなの感想(1件)

  • 私は1997年に大学を卒業したのち、水球武者修業のつもりでハンガリーにわたった。しかしコネも何もなく行き当たりばったりの私を待ちかまえていたのは、自分の行動力のなさをつきつけられるという、情けない日々であった。 そんなとき、現地に住む日本人に渡されたのがこの安野光雅『旅の絵本』である。もちろんこの作品は知っていたが、じっくりとひらいてみたことはなかった。 字の書いてある絵本とはくらべものにならないほど、一頁一頁時間をかけて読んだ。 「神は細部に宿る」という言葉を文字どおり絵に描いた作品で、花を抱えた老婦人が墓参へ向かっているかと思えば、こちらでは求婚をしている男性が描かれている。2階の窓からベートーベンが顔を出し、映画『駅馬車』の看板に描かれたジョン・ウェインが妙に似ていたりする(とくに鼻)。美しい女性をかけて決闘している二人の男がいるかと思えば、お尻の大きな女の行水をのぞこうとしている輩がいる。後半では昔話の名場面があちらこちらに隠れている。 この絵本を手にとってからというもの、困難ばかり(ほとんどが自分の躊躇だが)の水球から少し離れて、自転車でハンガリーを旅してみたい気持ちが強くなった。私はハンガリーには大平原があることを日本にいるときに知り、そこを自転車で走ってやろうと日本からマウンテンバイクとテントを持ってきていたのだ。 絵本を手にとってから数日後にはブダペストを出発していた。ハンガリーを3/4周し、クロアチアを抜け、アドリア海を渡り、イタリアのフィレンツェまで寄り道しながら約2000Km。テントと安宿泊の40日であった。ハンガリー大平原では地平線までつづくポプラ並木に見とれ、クロアチアでは一宿一飯の義理で農夫のお手伝いをし、アドリア海では夜明けのグラデーションに涙を流し、イタリアの山中では歌いながらドイツ人サイクリストと丘を下った。 まさにそれは「旅の絵本」を再現したような、一生わすれることのできない旅となったのである。 「市から市、国から国へ、迷いながら、はるばる旅をしました。あまり困ったときなどは、旅に出たことを後悔するほどでありました。しかし、人間は迷ったとき必ず何かを見つけることができるものです。私は、見聞をひろめるためではなく、迷うために旅に出たのでした。そして、私は、この絵本のような、一つの世界を見つけました。」 この清潔な文章は『旅の絵本』の「あとがき」である。 私はブダペストで迷い、文字通り旅に出、多くのことを見つけた。そのときの風景と、その風景の中で思ったことは私の中で生き続け、誰にもおかされることはない。

    gkfujiさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。