本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

とん ことり

新しいお友だちとの出会いを描いた絵本

山の見える町に引っ越してきたばかりのかなえ。お父さん、お母さんと荷物の整理をしていると、「とんことり」。玄関の方で小さな小さな音がしました。かなえが玄関に行ってみると、そこにはすみれの花束が落ちています。次の日は、たんぽぽが3本、その次の日は、手紙が郵便受けに入っています。だれからでしょう? ふしぎな「郵便物」をめぐって、新しいお友だちとの出会いを描いた絵本です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1989年02月10日
ISBN : 978-4-8340-0765-7
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(9件)

  • 主人公が女の子でお友だちができる話なので、共感できる部分もあるのか、初めて読み聞かせたら、もう一回もう一回と、何度もみたくなるほどおもしろかった様子でした。絵の感じも優しく大好きです。

    ゆーわさん
    お子さんの年齢:4才

  • 長男宅の1歳9ヶ月の女の子にプレゼントで「とんことり」「はっぱのおうち」「おでかけのまえに」の3冊購入です。髪の毛を切った姿や、行動の姿が林明子先生の絵の人物にそっくりでしたので購入し、プレゼントしました。じつは10年程前に「あさえとちいさいいもうと」を購入済みです。やはり林先生の絵の人物が長女(現40代)、次女(現40代)の日常生活の行動と全てソックリで、私が大感動し、2人に一冊づつプレゼントしたのです。娘達も「私達だね」と感動。長女宅では子どもに「とんことり」をよく読んであげたそうです。我家の子ども、孫達の姿を、林先生がソッと見てたのではないか位で本当に嬉しい絵本との出会いに、林先生にこの喜びをお伝え下さい。

    松尾 明美さん
    お子さんの年齢:1才

  • 私は小学校、保育所の読み聞かせをしております。新聞で紹介されたのですぐに買って読み聞かせをしました。静かに聞き入ってくれました。

    ちっちゃな星さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 『こんとあき』を手にしてから、なんとなく林先生の本を集めてしまう。何気なく、心当たりがあり、これからの娘にもありそうな日常と非日常の境目が好きです

    ありんこさん
    お子さんの年齢:4才

  • 自分が幼い頃転勤族だったので、絵本のような友だちにとてもあこがれを持っていました。大人になってからも『とんことり』は優しくふわっと包み込んでくれる絵本に変わりないです。福音館の絵本はたくさん幼い頃から読んできました。私も子どもに読み継いでいますよ。

    北野真依さん

  • 林明子さんの絵が好きで、よくこのシリーズを買っています。女の子のかわいい絵、ホッコリします。

    ゆうちゃんさん

  • とんことり、何なのかあととっても気になる題名でした。知らない町に引っ越してきた女の子。そんな時に、「とんことり」。スミレ、タンポポとか、春にまつわる素敵なプレゼントばかり。主人公の女の子のように、誰からいただいたのかなあ??ととっても不思議で、絵本の世界にすっーと入ってしまいました。何よりもその題名がいいですね。引越しだけじゃなくて、春は本当別れと出会いがあるもの。そんなときの子供心がとっても素敵に書かれていました。春の季節にぴったりな絵本の1つだと思います♪

    さやぽん☆さん

  • 幼稚園に入って間もない頃、幼稚園の文庫から子どもがこの本を借りてきました。履歴を見ると、たくさんのお友達もその前に借りていました。みんな、新しいお友達ができるかなあと期待を膨らませているんですね。

    すずらんさん

  • 春といえばこの絵本。お引越しの季節は、幼い子どもたちにとって、むねがキュッとする季節。伝えたい。「大丈夫新しい町でも誰かがきっと、あなたを待ってるよ。」

    onionさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。