本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

さんぽのしるし

道で見つけた「しるし」をたどっていくと?

ある日のこと、うさぎさんは、「うさぎのしるし」のついたじぶんの家から、野原におでかけにいきました。すると、野原には、「あるいてゆこう」の標識(しるし)が。うさぎさんが、歩いていくと、今度は「かいだん」のしるしに出会いました。うさぎさんが進むたび、橋に坂、落とし穴と、様々なしるしが登場し、その先の道を示します。それらをたどって、うさぎさんが、たどりついたのは……? 標識のもつおもしろさを味わう絵本。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 1989年02月01日
ISBN : 978-4-8340-0823-4
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 初めは図書館で借りたのですが、何度も娘が読みたがるので購入しました。五味太郎さんの絵は本当に可愛らしいですね。ゆるく描かれた木やお花やしるしを見て、娘と「これは何だろうね」と言いながら読む時もありました。「ああ わかった!」「あれれれれ!」「おっと」「おや?」という言葉もこの絵本で覚えたようです。うさぎさんと読書共に「何だろうね?」と言いながら進むお話が楽しいです。もっと五味さんの本をたくさん読もうと思います。

    田中 絵里子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。