本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

こんとあき

ぬいぐるみのこんと女の子あきの冒険の物語

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ。あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしまいました。あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家に向かいます。あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、大変な目にあいます。こんとあきは無事におばあちゃんの家につくことができるのでしょうか? お互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 1,430円(税込)
ページ数 : 40ページ
サイズ : 28×22cm
初版年月日 : 1989年06月30日
ISBN : 978-4-8340-0830-2
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(85件)

  • 102歳の母が家で転んで、どんなに“心”がへこんでいるかと気にしている折、新聞でこの物語に出会いました。鳥取の人ですので元気になってほしくって!!

    すぎやま美樹さん

  • 3人の娘達が小さい頃、林明子さんの絵とお話が素晴らしくよく読んで聞かせました。「きょうはなんのひ?」「おふろだいすき」「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」「とんことり」等、かわいらしい子どもの表情、あたたかい文…親の私の方が夢中に! 新聞に、こんとあきと林明子さんの記事がのっていて、まだ「こんとあき」を持っていなかった、4歳の孫と共に読みたくて買いました。これからも素敵な絵本を待っております。

    オールドイングリッシュローズさん
    お子さんの年齢:4才

  • こんとあき私の名前が「あき」で、姉の名前が「こう」で少しちがうけど、題見たとき「え!?」と思いました。とてもおだやかなお話でいいなーと思いました。(10歳、孫)//(こう)と(あき)は、双子の姉妹として産まれ、名前は父がうれしくて、自分の名前をつけました。本が大好きで読むのも早いです。(こう)には「大丈夫だよモリス」を(あき)には「こんとあき」を買いました。どちらもよい話でした。

    あきたんさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 2歳9ヵ月の娘に購入しました。“こんとあき”はもともと夫、そして私自身がそれぞれ子どもの頃に大好きだった作品で、書店でどの絵本を買うか考えていたときに、“こんとあき”を見つけた夫が楽しそうに「こんとあきにしよ!パパこの本で駅弁が好きになったんだ」と、娘に話していました。そんな娘もこちらの作品が大好きです。

    りんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 「だいじょうぶ だいじょうぶ」こんとあきの小さな大冒険にドキドキ。こんはいつでもあきちゃんを励ましている。私も子どもを励ますあたたかい親でありたいと心に誓った。

    K.さん
    お子さんの年齢:2才

  • 「だいじょうぶ だいじょうぶ」こんとあきの小さな大冒険にドキドキ。こんはいつでもあきちゃんを励ましている。私も子どもを励ますあたたかい親でありたいと心に誓った。

    K.さん
    お子さんの年齢:2才

  • ファンタスティックであたたかい。ロマン香るたのしい絵本だと思います。こんとあきと一緒に私も旅をしました。ヨ。

    岩崎 義弘さん

  • 絵も内容もとてもかわいらしくて、親子で楽しく読ませていただきました。優しい気持ちも育む事ができ、子どもにも分かりやすい内容でした。

    Kaomamaさん
    お子さんの年齢:4才

  • 「砂丘に行ってみたいね」と読み終えた時話したら「さきゅうは、いぬがこわいから、いかない」と言われました。こんが連れて行かれたのが強く残ったようです。毎晩読んでいます。

    KNさん
    お子さんの年齢:3才

  • だいすきな本です。

    mayashioさん

  • だいじょうぶ だいじょうぶ がとても気に入って、活字が小さくなるのにあわせて声も小さくなっていきます。読んでいる私にあわせて一緒に”だいじょうぶ だいじょうぶ”。こんが無理して大丈夫って言ってるのがわかってるのかな、、、「もっかい、もっかい」の嬉しい声に、繰り返し繰り返し読んでいます。絵もお話しもとてもいい絵本です。ありがとうございます。

    ミッケさん
    お子さんの年齢:3才

  • お話がおもしろかったです。子どもが本好きになったのは、内容が良かったからだと思います。こんな絵画教室が家の近くにあったらいいなと思いました。楽しい時間をありがとうございました。ずっと応援しています。

    大曲 麻衣さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 林先生の作品たくさん読ませて頂きました。3歳になり、文が長いかな?と思いましたが、内容をしっかり聞いてくれていました。分からない所も自分から質問してくれたりしたので、とてもよかったと思います。



    柳田 さとみさん
    お子さんの年齢:3才

  • 電車が大好きな息子が表紙の絵を見て「これよんで」と手に取りました。少し長いお話を最後まで聞けるようになってきたので読んでみました。優しくて可愛い冒険のお話でした。子どもも最後まで真剣に聞いていて、満足そうな顔をしていました。こんな風に電車に乗って行ける日が来るかな、なんてほんわかした気持ちになります。

    みかんさん
    お子さんの年齢:4才

  • アメリカ人の女の子へ毎年B.Dに、日本の絵本を英語に訳して送っています。今年は6歳なので、少し読む内容が多いものを…と探し回って、これを選びました。同じくらいの女の子のいろいろな場面の表情が、国がちがっても心に届くのでは?と考えました。心がほっこりするいい本に出会えて良かったです。

    佐藤 エツさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • うちの息子は1人っ子です。お友達や周りに対して思いやりの心が少ないように感じていました。学校の先生からお友達とケンカをしたと連絡がありました。どうしたら息子に思いやりの心を教えてあげられるのか考え、この本を息子に贈りました。

    おにぎりさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • 孫娘の5歳の誕生日プレゼントに、「こんとあき」の絵本を購入しました。家に泊まりに来た時に、寝る前にいつも絵本を1冊よんであげてましたが、この頃は孫娘が読むので、内容もいいので喜んでくれました。

    あーちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 娘が自分で絵本が読めるようになったので、サンタさんからのクリスマスプレゼントとして購入しました。作品のタイトルは知っていましたが読んだ事はなかったので、今回自分も読んでみましたがとてもかわいいお話で、娘にも好きになってほしいと思いました。

    うつぼさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 自分が幼少期に好きだったので、子どもにも読ませたいと思い購入しました。子どもに読んだところ、まだ内容はわかっていないと思いますが、じっと絵を見ながら読み聞かせに耳を傾けていました。自分が子どもの頃は、こんの動きにばかり注目していましたが、大人になってから読むと、あきの成長が感じられる展開がとても面白いなと感じました。

    鈴木 智恵子さん
    お子さんの年齢:0才

  • 30年近く前(20代の頃)、本屋さんで立ち読みし涙々…即買ってかえりました。ひっこしetcがあり手放してしまい、再び買いました。ずっとずっと大好きで、何度読んでもこんがしっぽをドアにはさまれても立派にあきちゃんを衛る姿に泣けて泣けて…。いつも新しい気持ちになれる大切な一冊です。今度は絶対に手放しません!大切に大切に愛でてゆきます。

    ポロンさん

  • こんのやさしさがとにかく心に染みる。

    elmoさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 大分合同新聞10/9の読書日和の欄で、馬場めぐみさんの「世界と向き合うために」を読み、書店で求めました。絵がとてもきれいで、物語りに引き込まれました。私は84歳ですが、甥や、姪の孫たちに贈っています。「こんとあき」もきっと喜んで読んでくれると思います。

    秋吉 信隆さん
    お子さんの年齢:3才

  • この本は70歳を迎えた自分の為に購入しました。人生も終盤に入り、絵本のお話は心を暖めてくれ、絵は身も心もなごましてくれます。若かりし頃の子育て真最中の自身に思いをはせたりして、老いの寂しさをまぎらわせています。絵本が大好きです。

    こっこちゃんさん

  • ぬいぐるみのこんがとてもかわいい。女の子のなまえが「あき」なのも良い(孫の母親の名前)。ぬいぐるみがきれいに直ってよかったよかった。

    山下 みどりさん
    お子さんの年齢:1才

  • 「はじめてのおつかい」が子どもの頃大好きだったので娘に買おうとしたら、こちらの本を見つけました。優しい気持ちになれる本で、絵も可愛く温かく、気に入りました。娘も喜んで、何度も「読んで!」と言ってきます。こんのぬいぐるみを作ってみようと思います。

    岡 沙矢さん
    お子さんの年齢:4才

  • 私自身林明子さんの本が好きで、ちょうど1年生になった娘が1人でも本を読めるようになったので「こんとあき」の本購入しました。娘が1人で読んだ最初の本になりました。読み終わったあとは思ったこと感想などいっぱい話してくれました。「小さなあきとぬいぐるみのこんだけでおばあちゃんの家まで行けるの?」「おかあさんと一緒じゃなくても大丈夫?」と心配そうに話してくれました。「私もこんみたいなぬいぐるみ欲しいなぁ〜」と最後には嬉しそうに言っていました。

    mckaykeihさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 0歳2ヶ月の子が理解できるわけないと思っていたので「いつか読んであげたい」と思いながら“私の気に入った本”として購入しました。しかし先日から試しに読みきかせしてみると、なんと我が子は笑っているのです。喜んで聞いてくれるのです。林明子さんの本が好きだから、私自身も楽しんでいたからかもしれませんが、とても嬉しく感動しました。

    どんぐりさん
    お子さんの年齢:0才

  • この本は私が幼稚園の時に出会った本です。その時から私自身とても好きで、こんの前向きな「大丈夫」の言葉がとても大好きで、勇気をいただいていました。いつか私に子供ができたら、この絵本は絶対読んであげよう!!と思っていた1冊で、今現実となりました。0歳の長男には早いかな、と思ってはいたのですが、沢山読み聞かせしてあげることにより、本当によくしゃべってくれるようになりました。大好きな絵本を親子でつないでいける喜びをありがとうございます。

    サクママさん
    お子さんの年齢:0才

  • 林明子さんの本がとても好きで「はじめてのおつかい」や「いってらっしゃーい いってきまーす」等、息子と楽しく読んでいます。「こんとあき」は、こんがいきいきとしていて、ぬいぐるみに命があるようで、とても冒険心もあり好きです。

    marimoさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 昔から知っていて、子どもができたら読んであげたいなと思っていました。こんちゃんがかわいくて、大人でもにっこりしてしまう感じです。子どももわくわくしながら聞いているようです。

    White Poohさん
    お子さんの年齢:3才

  • この本は私が幼稚園に通っていたときに、担任の先生が読んでくれたとても思い出深い本です。先生は私に「この本を読むと幸せになるよ」と言って、読み聞かせてくれました。それから毎日読んでいました。小学校に上がって読むことがなくなりましたが、今自分が保育者を目指す中で、もう一度読みたいと思い購入しました。久しぶりに読んで、とても温かく幸せな気持ちになりました。私も、こどもに伝えていきたいです。

    みかづきさん

  • ずっと子どもと一緒に読みたいと思っていた本です。「こんはぬいぐるみなのにどうしてしゃべれるんだろう?」と、現実的な考えの持ち主ですが、2人で電車に乗って、こんが戻ってこなかった時の不安な気持ちや、お風呂に入ってさっぱりしたあとのほっとした気持ちをじっくり味わっていました。

    ゆみさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • こんが、だいじょうぶだいじょうぶと懸命に言う姿、自分のことよりあきを思いやる姿に、4歳の子供も涙しました。

    みーこさん
    お子さんの年齢:4才

  • タイトルをみて、女の子の方がこんで、きつねのぬいぐるみがあきだと思っていたら、きつねのぬいぐるみの方が先のタイトルだったので、子どもと一緒におどろいた。先がよめない絵本のストーリーに二人でわくわくして読みました。

    熊田 昌弘さん
    お子さんの年齢:4才

  • クリスマスプレゼントで頂きました。何度も何度も寝る前に読んでとせがまれます。あきがこんを探して、見つけるところが大好きな様子。年齢を重ねても読み続けていきたい(ほしい)です。

    ゆうじんさん
    お子さんの年齢:3才

  • 子供達が幼少の頃から絵本を沢山読んできました。そして4年前におばあちゃんになり、絵本を読む機会が、益々増えました。昔は図書館で借りていたのですが『林明子』さんの絵本が、とても好きで少しずつ買い求めました。でも『こんとあき』だけが見つからなかったのです。娘が結婚する時に持って行ったのを忘れていました。孫娘から、どうしても読んで欲しいとリクエストされたので今回購入しました。読んでいて懐かしさで込み上げるものが有りました。いつまで膝に乗ってくれるか分かりませんが、出来るだけ長く楽しく一緒に読めたら幸せです。こんとあきの旅はステイホーム(コロナ)の乾いた気持ちをジンワリ温めてくれますよ(^^)

    ひまわりさん
    お子さんの年齢:4才

  • こんとあきの関係が娘と娘のお気に入りのくまのぬいぐるみの関係と重なり、母親の私も心打たれて感動してしまいました。親子共に一緒に楽しめる絵本だと思いました。

    みいちゃんママさん

  • 子どもの頃、何度も何度も図書館で借りて読んでいました。大人になってからも読みたくなることがあり、ついに!買ってしまいました!!ふと寂しくなったり、心細くなってしまったときには、この絵本を開きます。読み終わるころには、もう大丈夫になっているんです。優しくてあたたかくて、不思議で大切な絵本です。林明子さんの他の作品も小さい頃から読んでいて、いつか全部そろえたいです。登場人物の心情がよく伝わる、繊細に描かれた表情が特に大好きです。そして私、明子さんと同じ3月20日生まれなんです!嬉しい偶然、これを知って更にまた、大好きになりました!!素敵な絵本をありがとうございます。ずっと大切にしていきます。

    ペンちゃんさん

  • 私の愛する絵本№1になりました。2人が電車でよろめく所。あきちゃんの全部の表情、かわいいっ。おばあちゃんのにじむ優しさ。世界の全ての人がこんなだったら、戦争はおきないのにね。

    志乃さん

  • 読んでいて、涙があふれました。こんのあきを見守り育てていく様子、あきが最後こんを守る成長した様子に感動しました。生まれてくる子も、こんな風に育ってほしいと思いました。

    はるパパさん

  • さきゅうに行きたくなりました。

    すーちゃんさん

  • 林明子さんの絵本が親子で大好きです。図書館でも何冊か借りた事もあり、書店でこの本を見つけた時、思わず手にとりました。4歳の娘も真剣にきいていました。とてもあたたかい気持ちになり、何度も読みたくなる作品だと思います。

    かりめろさん

  • 区からの絵本ひきかえ券と交換できる本のリストの中にありました。数ある本の中から表紙を見て、3歳の娘がわき目もふらず「コレ!!」と、選びました。何度も「読んで、読んで!!」と言われ、何度も読んでいます。本人も一人で読む(ながめる?)ので、相当お気に入りの様子。寝る時もベッドに一緒に入るほどです。

    pocketさん

  • 電車が好きな子どもに読みきかせました。こんとあきが電車で旅をするところ、こんが電車から降りて、お弁当を買って急いで戻ってくるところを面白がって聞いていました。

    E.Oさん

  • ちょうど孫くらいの女の子が主人公なので、自分の気持ちが孫と重なり、買いました。遠く離れた孫のプレゼントにしました。絵もお話の内容もとても心地良い、あたたかい波動の様なものを感じました。孫へのプレゼントでしたが、私自身も癒されました。

    大森ばあちゃんさん

  • こんが砂に埋まってしまうところと、お風呂がイヤで逃げてしまうところが、大好きです。

    りほさん

  • 昨今の虐待や交通事故で幼い子ども達が亡くなる事件が多く、同じ年頃の子どもを持つ我々親の心情は、穏やかではありません。そのような中、様々な感情と、一生懸命旅をするあきの姿に、切ない気持ちと共に子どもの力強さを感じました。また改めて、いとおしく思いました。

    いちかさん

  • もう30年程前ですが、母がよく読んでくれた本です。途中、心配で胸が痛くなったり、あきの気持ちを考えると涙が出てしまう部分もありますが…。最後はホッとする、かわいいお話です。大好きな絵本を娘にも好きになってほしくて買いました!

    ひなママさん

  • 絵本を選んだのは娘自身だったのですが(保育園や図書館で何度か読んでます)、中の登場人物(あき)に、親の私が感情移入してしまいました(娘に似ているのです)。林明子先生の絵本は絵柄がとてもあたたかくて、優しくて大好きです。娘の子にも伝えれる様に大切にします。

    ちゅちゅままさん

  • ストーリーが、長すぎず短すぎず、丁度良い本でした。短大の先生からもおすすめされたので、幼稚園実習で読もうと思います。

    秋山七央さん

  • あきを想うこんの気持ち、こんを想うあきの気持ちが、痛いほどよく伝わってきます。2人の大冒険の最後におばあちゃんが大きな愛をもって、しっかり受けとめているところに安心感を覚えます。生まれる前からこんがあきを待っている…という設定も素敵です。でも少しだけ、こんは頑張り過ぎかな?「だいじょうぶ」と言うのは、大きなエネルギーが要りますものね。

    望月信子さん

  • みさきはとてもたのしかったです。これからもずーっとよみたいです。

    野田美沙樹さん

  • 二人の孫(姉弟)が自然と膝にのってきて、読み聞かせを最後まで聞いていました。

    あちこばあちゃんさん

  • 私が生まれる前から母がこの本を持っており、小さい頃から読んでくれていた思い出の本です。今でも「だいじょうぶ だいじょうぶ」と自分で思っているときは、母と読んだこの本を思い出して、仕事を頑張れています。久しぶりにまたこの本を母と読んで、なつかしいねーとほっこりしました。大人になってよむと、またちがってみえますね。

    朱夏さん

  • 孫が遊びに来るたびに読んでやる本に困っていましたが、此の本なら安心です。

    明道進さん

  • 子ども3人とも、親も大好きな作品です。まどに顔をくっつけているシーンや、こんの声が小さくなるところが、かわいいです。

    金森美穂さん

  • とてもかわいい本でした。舞台が鳥取砂丘というのが懐かしかったです。25年位前に、主人の転勤で米子に3年位住み、大山を眺めるのが楽しかった思い出です。

    山下雅子さん

  • 私の母も本が好きで、93歳で亡くなるまでよく本を読んでいて、漢字はとても強く、やはり家の中に本が有ることの必要性を感じます。孫が生まれてまず与えたのが、絵本と図鑑でした。今回自分の本と、ついつい絵本のコーナーに足が向き購入しました。絵と共になぜかふんわりとしたやわらかな物につつまれた様で『ちょっとだけ』も共に購入しました。心あらわれ、ほっとしました。

    塩沢米子さん

  • 子育ての頃、林さんの絵本の子ども達の表情に魅せられ、くり返し手に取っていました。先日図書館で「こんとあき」を見かけ(なぜか縁が無く初見)4ページを開きびっくり!35年前私がスイスで娘に買ったオルゴールが!現在も我家で大事に飾り、時折ネジを巻き珍しい音楽と動きを楽しんでいます。手持ちの林さんの絵本は7歳の孫娘の手元に届けてありますが、この「こんとあき」とオルゴールはもう少し私の手元に置き、後に娘へなのか息子の孫娘へなのか、贈るのが楽しみです。

    あさえさん

  • こんとあき、おもしろかったです。つくってくれたひと、ありがとうございました。こんとあきよんだひとより。またおもしろいえほんつくって。

    ゆうらさん

  • お話も絵もとても心がほっこり!!孫に読んでいても、年寄りの私が話の中にのめり込んで、ついついほほえみが…。自分の子ども達の時にも、現在孫達にもいい絵本を探し続けています。この本は私のだいすきな絵本の1冊になりました。

    岩越 みや子さん
    お子さんの年齢:3才

  • 子供をお腹に授かり、20年振りに書店の絵本コーナーに立ち寄った際に購入しました。理由は私が小さい頃に大好きだったことを表紙を見た瞬間に思い出したからです。私は今でも毎晩一緒に寝る程大切にしているぬいぐるみがいます。産まれてくる子にもぬいぐるみをプレゼントしたいなぁと思っていたため、この絵本に再会でき思わず書店で涙が出てきました。ぬいぐるみを大切にしていたのは物心つく前から、この本が好きだったからなんですね。林明子さんの優しくてかわいらしい絵が大好きで(私の母がもともとファンでした)いつも読んでいて、気づけば時を経て次の世代に伝える番となったことを思い、大変感慨深いです。時代を越えてまた新しい感覚で絵本を読めることを教えてくれた大切な1冊です。

    篠田 沙緒里さん

  • 孫からのプレゼントで今日届きました。田舎で夫婦2人暮し、時々くる孫のラインのスタンプが「あきちゃん」。孫の小さい頃に似ていて2人でホッコリしております。可愛いあきちゃんの絵、しぐさに癒され、今後は絵本を開く機会が増えることでしょう。年を重ねる毎に童心に戻るって本当ですね。又書店で買い求めたいです。

    優梨ちゃんさん

  • 今は三十路の娘が、最近LINEスタンプで、こんとあきを私に送って来たのが、初めての出会いでした。なんて可愛いんでしょう❤️心がほっこりと暖かくなって、図書館で借りて読むつもりが、買ってしまいました。昔の娘に似ているのと、似たような経験、最初のページから懐かしさで涙が出て止まりませんでした。この年で絵本を買うとは、ビックリです。大切にします。

    あきこのははさん

  • こんとあきの二人が、おばあちゃんの家に行くまでのかかわった人や犬によって、二人の絆がより一層結びついたようで、心温まるお話で孫も喜んでいました。

    匿名さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 自分の為に購入しました。とてもほのぼのした物語で、乾いた心が潤されるようでした。特にお弁当のシーンが楽しかったです。こんとあきがずっと仲良しで幸福で過ごせますように。

    つぶらな瞳軍団さん

  • 私自身が幼い頃、両親が買ってくれたお気に入りの絵本でした。その『こんとあき』を今日夫が娘の為に買って来てくれました。物語も挿絵もとても懐かしく、とても温かな気持ちになりました。娘は林明子さんの絵本が大好きです。どの本も大切に寝る前に読んでいます。

    明理お母さんさん
    お子さんの年齢:2才

  • とてもおもしろかったです。林さんの絵本はもう1つおうちにあります。林さんの『こんとあき』を読んで、せかいがひろがるなーと思いました。これからもせかいがひろがる絵本をつくってください!

    岩崎 愛子さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 林明子原画展にて本物を見させて頂きました。心温かな物語です。人との出会い、自分の思いがすてきに書かれていて、物語の中にすっぽりと入ってしまいます。今の子どもたちにもたくさん読んで頂いて、ニコニコの笑顔の毎日であってほしいと思います。これからも楽しみにしております。ありがとうございました。

    亀山 まり子さん

  • この本を母とわたしで読んだとき、なぜか母がないていました。そしてわたしが、「なぜないているの」と聞いたら母は、「こんがなおってよかった」と言っていました。

    ミルクさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 読んでいる親の私がホロッとくる作品。子どもにどれだけ伝わっているかわかりませんが「もう1回」とせがまれました。

    松井 のりひろさん
    お子さんの年齢:2才

  • まず、絵の色彩とタッチの優しさが良い。なにげないバックに配された人物もほほえましい。小さな子の旅に親は心配しただろうと思いやった。

    船澤 一枝さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 林明子さんの本を初めて買ったのは『はじめてのおつかい』で、今でも大切に読んでいます。30数年前、娘が先生に手紙を書きました。その最後に「何か絵を描いて下さい。」と図々しくも…。でも先生は返事を下さり「私は絵がヘタで、こんな絵しか描けません。」と、とっても素敵な可愛いクニャクニャピエロの絵を描いて下さいました。こどもの気持ちに答えて下さって、本当にありがとうございました。

    佐々木 祥子さん
    お子さんの年齢:4才

  • きっかけは図書館で絵本を見ていたときに、息子が棚から持ってきたこの絵本を借りたことでした。当時は2歳になったばかりで、文字の多いこの本は早いかな~と思いましたが、読みきかせをしている間じっと聞いていて、その後何度も「読んでほしい」とせがまれました。こんの、あきを想ったいじらしい行動と「だいじょうぶ」の言葉、あきのこんを大切に想う姿に、親も心を打たれています。

    佐野 麻希さん
    お子さんの年齢:2才

  • 美術館で開かれている林さんの原画展に行きました。この話は以前から知っていたのですが、改めて読み返すと本当にほっこりする温かいお話だと実感しました。名作だと思います。この絵本を手元に置き、心がカサカサしてきたら、ページをめくってみたいと考えています。

    みいちゃんさん

  • プレゼントで頂いたのですが、読んでいるうちに親の私の方がなつかしく、優しい気持ちになりました。初めはお守りだったこんが、そのうち大きくなったあきに助けられる姿も、祖母と一緒にお風呂に入る姿も、自然と笑顔にさせられました。息子が電車が好きなので、旅するシーンが好きみたいです。何歳になっても、思い出したように子供に読んであげたい1冊です。

    みつみさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 絵本が大好きな子どもたち。毎日夜の絵本の時間を大切にしています。3歳の誕生日にこんとあきを購入。少しはやいかな?と思いましたがかわいいね。あっ、犬ががぶっしちゃった。と悲しそうでしたが、最後はおばあちゃんとお風呂。子どももほっとしていました。こんとあきのこんのぬいぐるみも毎日一緒に寝ています。沢山の本から優しい気持ちが芽生えていっているのかな?と感じました。

    hiromiさん
    お子さんの年齢:3才

  • お話全体大好きだなと思いました。場面場面全部好きだけど、特に好きなのは“あきは、こんをだきあげて「こん、だいじょうぶ?」~こんは、ちいさいこえで「だいじょうぶ、だいじょうぶ」というだけでした”の所です。それから最後の“つぎのつぎのひ、こんとあきは、うちへかえりました”すごく良かったなと、終わりまで本当に良かったです!大好きな一冊です!ありがとうございます!!

    静花さん

  • 図書館で借りてみたら大好きになり、3~4回借りました。なので、購入する事にしました。(クリスマスプレゼントにしました)プレゼントした日も何回も読んで欲しいとねだられ、購入して良かったと思いました!

    しいたけママさん
    お子さんの年齢:2才

  • ぬいぐるみと二人三脚の冒険に、読み手も、聞き手の子どもたちも、わくわくはらはらしどおしです。はじめはこんに頼りきりだったあきちゃんが、最後、こんを背負って自力でおばあちゃんのところにたどり着くときろは、何度読んでも声がつまります。さいごの「よかった!」に実感がこもります。大事な相棒をもつこどもなら、だれでも夢中になれるお話。そして、こどもがはじめにであう極上のファンタジーだと思います。

    NORISさん

  • 小さな頃の私の姉は、主人公のあきちゃんのように、お気に入りのクマのぬいぐるみと常に一緒でした。そんな姉の姿が大好きだった私は、この本を読むたびにその姿を思い出してちょっと嬉しくなります。それから、あきちゃんを見守る『こん』が、3年前に死んでしまった、愛犬の柴犬(その名もこん!)にそっくりで、彼がお風呂に入るのを嫌がっている1ページを開くたびに、彼のことを思い出します。(うちの犬はお風呂嫌いだったので・・・)そんなこともあってか、私にとってこの「こんとあき」は大切な存在を思い出せる大事な一冊です。いつか私に子供が生まれたら、絶対によんであげたいと思います。

    あんさん

  • 娘も私も大好きな本です。お勧めは4~5歳と書かれてますが3歳からでも内容は十分理解できると思います。 読むたびに心が温かくなって、でも途中では涙が出そうにもなる本です。林明子さんの絵本は大好きなのですがその中でも特にお勧めです。娘もアキちゃんはえらい!とかこんがかわいそうだったとかいろんな感想をくれます。読んだ甲斐があったなと思える本です。

    まおるさん

  • 子どもの大好きな本です。もうかなり大きくなりましたが(笑)大切な本のようです。ところで、この本を開くと「こん」の型紙と思われる挿絵がありますね。子どもが「こん」を作って欲しいと言うのですが、型紙として使えますか?

    nannさん

  • 私の周囲の子ども達の間で人気のある一冊です。ぬいぐるみ、電車、車掌さん、おばあちゃんと子どもの大好きなものたちが登場するせいでしょうか。息子とその友達が本に登場する犬(ぬいぐるみのこんを連れ去ってしまう)を公園で見て、思わず、自分達のもっていたぬいぐるみを後ろに隠していました。絵本を通じて子ども達が世界を共有した瞬間でした。

    ハイディさん

  • お話が少し長いかなー。と思いながら4歳の誕生日に買いました。林さんの綺麗な絵に見せられて娘は集中して絵本に見入ってました。中でも犬がこんを連れて行くところでは”だめ、だめ、”といい、本当に泣きそうになっていました。物語に入っていってることを実感して嬉しくなった瞬間でもありました。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。