本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

どうぶつのおかあさん

動物のお母さんはどうやって子どもを運ぶの?

動物の母親は、どうやって自分の子どもを運んでゆくのでしょうか。子どもたちが好きな13種類の動物の母親が、子を連れ歩く様子をリアルに描いています。口にくわえて運ぶお母さん、おなかにしがみつかせて運ぶお母さん、おぶって運ぶお母さんなど、動物によって千差万別です。どのお母さんたちからも、子を想う深い愛情が読者に伝わるように繊細に描かれていて、お母さんと子どもたちの絆がうかがえます。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 1981年10月20日
ISBN : 978-4-8340-0851-7
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

みんなの感想(6件)

  • モンテッソーリ教育のことを調べていて、0歳からのおすすめ絵本として紹介されていたので購入しました。絵がとってもリアルで、なおかつそれぞれ表情が優しく豊かで、読んでいて癒されます。

    いささん
    お子さんの年齢:0才

  • 3人目の末子の2歳の誕生日プレゼントとして買いました。動物が好きなので、すぐに気に入りました。動物のお母さんがどのように子どもをはこぶか、そこに視点をあてることなどないのでとても新鮮ですし、小学生の子どもたちも楽しんでいます。私も!!

    ちるさん

  • 日経新聞の記事を読んですぐに買いました。絵本は大好きでよく購入し、気に入った本は長く大切にしておりますが、この絵本のことは知りませんでした。このようなすばらしい絵本が、これからも末永く出版されるようにと願っております。美しくてあたたかい。

    オバッチさん

  • 図書館でこの本を借りて読んでからというもの、娘はこの本を“よんで欲しい”と毎日アピールがありました。自分1人でもぺらぺらとめくって、にっこりと笑っております。絵のタッチや動物のおかあさんと子どもたちの実際がわかって、親も楽しい本でした。この本と出会えた事は、とても良かったです。

    小野布美さん

  • 自分が小さい頃に見ていた本でとても印象に残っていて、特になまけもののページが子ども的に衝撃的な印象を受けていました。こんな動物がいるんだと気持ち悪かったので、それがとても印象に残っています(笑)。いつか自分の子どもにも読んであげたいと検索してみると、今でも販売されていることを知り、姪っ子へのプレゼントに買わせてもらいました。とても嬉しく懐かしくなりました。絵のリアルさも変わっていなくて、なまけものにもまた会えました(笑)。3歳ぐらいの頃の絵本が今もまだ販売されていて嬉しかったです。

    mocoさん
    お子さんの年齢:1才

  • まず、画面いっぱいに描かれた動物のリアリティに感動しました。それぞれのおかあさんにとってのこどもへの愛情が伝わってきます。この絵本は、最初に小森厚さんの奥様が、私の友達に下さった物を頂いたのがきっかけで気に入りました。早速、私の3人の息子達の家族にもと思って、最寄の書店で取り寄せました。(3冊)

    鈴木 和佳子さん
    お子さんの年齢:2才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。