本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

きつねものがたり

森番がひろってきた子ぎつねは、毎日子どもたちからお話の本を読んでもらっているうちに、人間の言葉をすっかり覚えてしまいました。すると、お話の中の、かしこいきつねのようになりたいと思うようになり、森番の小屋を脱け出し人間をだまそうとします。最初は失敗ばかりでしたが、ついには肉屋からまんまとハムをせしめてしまいます。でもあるとき肉屋のさいふをひろうと……。楽しくユーモラスに語られるチェコのお話です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 幼年童話
定価 : 本体1,500円+税
ページ数 : 164ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 1966年06月01日
ISBN : 978-4-8340-0058-0
シリーズ 世界傑作童話

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 「エルマー」や「たんたのぼうけん」など冒険が大好きな年長の息子が、次によむ本を探していて「きつねものがたり」を選びました。 最初はただのきつねが、いつ表紙のようなきつねくんになるのかと、わくわくドキドキしながら、寝る前に1章ずつ読み聞かせしました。次の目次を読んで本を閉じるのですが、明日はどんなお話なのかと思いをめぐらせ、眠りにつきました。 きつねくんは失敗しながらも、挑戦していく様や、正直で賢く純粋な心は、こどもの心と同じで気持ちよいお話です。 息子のお気に入りの本となり、3回目を読み始めています。 

    さっちゃんさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。