本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

おおきなかぶ

ロシアの昔話

おじいさんが植えたかぶが、甘くて元気のよいとてつもなく大きなかぶになりました。おじいさんは、「うんとこしょどっこいしょ」とかけ声をかけてかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おじいさんはおばあさんを呼んできて一緒にかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おばあさんは孫を呼び、孫は犬を呼び、犬は猫を呼んできますが、それでもかぶは抜けません。とうとう猫はねずみを呼んできますが……。力強いロシアの昔話が絵本になりました。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1966年06月20日
ISBN : 978-4-8340-0062-7
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(23件)

  • 私自身小さな頃に何度も読んだ本を子どもに読み聞かせる事ができてうれしいです。

    みみさん
    お子さんの年齢:1才

  • 皆で協力して一生懸命カブを抜く姿がとても印象に残り、本屋さんの前を通りかかり迷わず我が子にも読んであげたいと思い購入しました。昔は長く感じた文章も20年ぶりに見ましたが、そんなこともない。1歳の息子も集中して見てくれました。良かったです。

    大将さん
    お子さんの年齢:1才

  • なかなか抜けないかぶの面白さが伝わってきました。ダイナミックなかぶでした。

    五藤 優子さん

  • 「もっともっと」と何度も読んでほしいとせがまれました。「うんとこしょ、どっこいしょ」をマネして一緒にやっていました。子ども心をとらえている本なんだなと感心しました。また、こういう絵本に出合えるといいです。

    大石 千恵美さん
    お子さんの年齢:1才

  • 共働きだとなかなか子どもとの時間をつくってあげられず、又、下の子を見ないといけないので更にその時間がなくなってしまいますが、せめて絵本を読み聞かせてあげたいと思い毎月手元に届く絵本を楽しみにしています。「おおきなかぶ」を読むと最近になってお話をするようになったので、声に出して分かる言葉を一緒に言ったり、絵を指さしてしゃべったりと楽しい笑顔に癒されます。

    藤田 ちひろさん
    お子さんの年齢:2才

  • 孫がお楽しみ会でしてね。この話が気に入ったみたいで(私、布の絵本を作るのが好きで)このお話を絵本で作ってって言われて、購入しました。

    福本 静香さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 1歳すぎにこの本に出合いました。図書館の読み聞かせの時です。「うんとこしょ どっこいしょ」のフレーズが大好きで、毎回図書館に行くとこの本を出してきて「うんとこしょ どっこいしょ」と、ふりつけつきで読んでいます。そこでついに購入。よく見るとおじいさんやおばあさんの動きや、動物たちのしていることもおもしろくて、絵を見てわらう姿もあり。愛読書です。

    みくさん
    お子さんの年齢:2才

  • 昔からあるお話でくり返しのフレーズがおもしろく、子どももすぐ覚えられました。“ぬけません。”の部分で毎回わらって読んでいます。絵が大人っぽいので、子ども向けのものが出てほしいです。

    みゆたんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 物語の絵本が大好きな息子の為に購入。推せん図書になっていたのと、適度な薄さ、動物が出るし分かりやすい内容だったのがきめ手です。「うんとこしょ どっこいしょ」のフレーズが好きみたい。あと、リアリティのある絵も新鮮だったようですよ。

    かんかいままさん
    お子さんの年齢:2才

  • もともとかかりつけの病院で気に入っていたので、今回誕生日プレゼントとして購入しました。やはり「かぶー!」と言って大喜びでした。他にも「にんじん だいこん ごぼう」と「もりのおふろ」も大好きで、よく読んでいます。くつくつあるけシリーズも好きです。中でも「きゅっ きゅっ きゅっ」が好きです。

    じゅんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 「うんとこしょ どっこいしょ」のリズム(語呂感?)が、とてもよい。

    池田 文吾さん
    お子さんの年齢:1才

  • 35年振り位に読みましたが、物語の絵の配置に改めて感動しました。シンプルなストーリーでも、ぐんぐん引きこまれました。1歳の息子はかぶの絵に非常に興味深く見入っていました。

    プリシララさん
    お子さんの年齢:1才

  • ストーリーが理解しやすいと思い読み聞かせました。喜んで聞くとともに、あらすじをフィードバックしたのにはびっくりしました。

    西岡 美矢子さん
    お子さんの年齢:3才

  • 何度もくり返したのしそうによんでいます。

    滝澤 奈々さん
    お子さんの年齢:2才

  • 実生活の中で重いものを運んだり、ひっぱる動作をすると、本の中のフレーズの「うんとこしょ どっこいしょ」を口に出して、まわりを笑わせてくれます。なかなかかぶが抜けず、次の助っ人を呼びにいく間のイラストで「休憩してる~」と、おじいさんおばあさんまごの様子を真似します。

    けんごママさん
    お子さんの年齢:2才

  • すこし早いかと思いましたが、私自身が小さい頃によく読んだ絵本なので購入しました。佐藤忠良さんのすてきな絵は、大人でもとても楽しめました。部屋に飾りたくなります。娘は「うんとこしょ どっこいしょ」の響きが楽しいようで、笑顔で聞いてくれます。

    みかさん
    お子さんの年齢:1才

  • 私も小さな頃読んでいたので懐かしく、読みきかせも楽しいです。大きなかぶが育ったときの、おじいさんの“イエーイ”な格好がおもしろいです。買ってよかった!!

    まーちゃんさん
    お子さんの年齢:2才

  • 読み聞かせをすると、興味を持って顔を近付けてきました。ページ数が少ないので、赤ちゃんでも最後まで集中して見てくれました。リズム感があり、楽しんでいるようでした。

    はやちゃんさん
    お子さんの年齢:0才

  • 59歳の私は、子供達が小さい時から絵本を読んでいました。初めての孫が9月に誕生し、我が家にきて抱っこしていると昔の事を思い出しました。本屋さんに行くと、子供達に読んであげていた本がほとんど並んでいました。また、あれやこれや孫に読んであげたいと思います。

    栗原 恵子さん
    お子さんの年齢:0才

  • 遂に購入いたしました。園でもよく読んでもらうし、図書館でもよく借りるし、と我が家の本棚には並ぶことがなかったのですが、「絵のとおりにぬいぐるみを並べてみたい」という息子の一言で決断。おはなし自体もさることながら、佐藤忠良さんの絵が、日本でこのお話と出会えたことの喜びを感じさせてくれます。色彩の優しさ、大小のコントラストの素晴らしさ、「うんとこしょどっこいしょ」と口ずさむ子どもたちの頭にはきっとこの絵がめぐっているのでしょう。同じ佐藤さん画の『おひゃくしょうとえんまさま』の復刻を切に願っています。

    さぎりさんさん

  • やっぱり名作ですよね。絵本を読んでいたらなぜだか一体となってかぶを抜いている気持ちになります。うんとこしょ、どっこいしょ。娘も何度も読んでいるせいか、一緒になって読みます。そして最後のねこの次に出てくるのはねずみ!とねずみが出てくる前に叫んでました。なんど読んでも面白い絵本。ずっと図書館で何度も借りているのですがもうそろそろ購入したいです。

    まおるさん

  • 何度、読み返しても、本当に楽しい絵本です。親子で大好きです。「うんとこしょ、どっこいしょ」と何度もつぶやきます。絵本を読み終わった後でも、いぬ、ねこ、ねずみとお友達になって、今度は、兄弟で「ママの大きなかぶをぬく」ゲームなどして、ママを引っ張ったり、くまやコアラのぬいぐるみを連れてきて、「うんとこしょ、どっこいしょ」とやっています。幾重にも遊びに展開するすてきな絵本をありがとうございます。これからもずっと、読みつがれていくことを願っています。

    ようともさん

  • うちの子も始めてこの絵本を読んだのは2歳のとき。保育園ででした。帰ってくるなり、「うんとこしょどっこいしょ。」といっているのを聞いて、あ「大きなかぶ」を読んでもらったのね。ってわかるくらい定番ですよね。「うんとこしょどっこいしょ。うんとこしょどっこいしょ。」この言葉は魔法みたい。ついつい何か引っ張るときに、そういっちゃうくらい体の一部になってしまっています。私も子供の頃大好きな作品でした。親子2代にわたって読んでいます。

    さやぽんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。