本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ふゆめがっしょうだん

冬の公園や雑木林で、木の芽を見てごらん。ほら、ウサギさんがいたりコアラ君がいたり……冬芽って動物たちの顔に見えるんだね。木の芽の冬姿を撮影、拡大した愉快な写真絵本です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

冨成 忠夫 写真 / 茂木 透 写真 / 長 新太
カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 1990年01月31日
ISBN : 978-4-8340-1020-6
シリーズ かがくのとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 子供が動物や虫、草花の自然の本が好きです。私が小さい頃も同じで、自然の本は流行がなく、大人も子供も親子で楽しめると思います。この、ふゆめがっしょうだんも楽しかったですが、子供にこの芽は何の花が咲くの?と聞かれても分からなかったので、植物の名前も書いてあるともっと読みやすいし、親も説明ができて助かります。

    E.Hさん

  • この絵本、お友達が紹介してくれていて、春先になったら読みたいなあと思っていた1冊です。冬芽とかいて、ふゆの木の芽。春に向けて準備している木たち。その表情は・・・これはすごいです。どれ1つ全然表情違う。そして人間の顔にみえたり、ラクダの顔にみえたり・・・木の芽とかじっくりみたことがなかったのですが、ちょっとみてみたい!と思うこと間違いなしです。冬って寒くて、外にでるのも嫌だけど、ちょっと外にでて、木たちの様子をみてみよう!と思った作品です。文章も単純な繰り返しで、それがまた年中の息子には良かったようです♪

    さやぽん☆さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。