本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

オズの魔法使い

竜巻きによってオズ大王の住む魔法の国に運ばれたドロシーは、かかしとブリキの樵と臆病なライオンと共に大冒険をします。完全復刻した124枚のデンスロウの挿絵をそえた決定版です。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体2,500円+税
ページ数 : 320ページ
サイズ : 21×17cm
初版年月日 : 1990年06月30日
ISBN : 978-4-8340-1042-8
シリーズ 福音館古典童話

その他の仕様 +

目次を見る

第一章   竜巻
第二章   マンチキンたちとの話しあい
第三章   ドロシーは、どうやって、かかしを助けたか
第四章   森の中の道
第五章   ブリキのきこりを助ける
第六章   おくびょうなライオン
第七章   オズ大王のいる都へ
第八章   おそろしいけしの野
第九章   野ねずみの女王さま
第十章   都の門の番人
第十一章  すばらしいエメラルドの都
第十二章  悪い魔女をさがしに
第十三章  ドロシー仲間をすくう
第十四章  翼の生えた猿
第十五章  おそろしいオズ大王の正体
第十六章  偉大なぺてん師の魔術
第十七章  気球はどうやってとんだか
第十八章  南へ向かって
第十九章  からみつく木におそわれて
第二十章  こわれやすいせとものの国
第二十一章 ライオン百獣の王となる
第二十二章 クアダリングの国
第二十三章 魔女グリンダ、ドロシーのねがいをかなえる
第二十四章 なつかしいわが家へ
あとがき

とじる

みんなの感想(2件)

  • 「オズの魔法使い」は、子育て中(ずいぶん昔々ですが…)に、娘たちにかってあげたと思うし、アニメでみたかと思うが、ストーリーについては私は読んでいないので、くわしくはわかりませんでした。今回「生活クラブ」の本紹介チラシで、古典童話の名作紹介されており、完読してみようと思いました。孫たち(小一、年少)によみきかせたり、自分で読んだりできれば良いと思いますが、まずは完読してみよう!と…2020.11.2  11.8完読!!ワクワクしながら、読みすすめました!!”旅人たち”と、いろいろな困難にめげずに解決していくメンバーになったような気分です。”オズ”の正体には笑ってしまいましたが…何ともいえない人間味がありましたし、ドロシー、かかし、ブリキのきこり、ライオン、トトのようすも目にうかび、大変たのしい時間でした。孫たちもきっと想像力をはたらかせて、魔法の国を旅してくれると思います。

    熊ママさん

  • 7学年下の妹が小3の時買ってもらった本を読ませてもらって、「あら なかなかいい話」と思った。孫娘はまだ1歳だが、いつか興味を持って読んでくれればと思っている。

    山下 みどりさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。