本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

とらっく とらっく とらっく

港で荷物を積んだトラックが遠い町めざして走ります。高速道路では乗用車や観光バスに、工事現場ではダンプカーやローラーに出会います。やがてタンクローリーを追い越してぐんぐんスピードをあげていったら、「しまった! 」白バイに止められました。日が暮れて、山を越え、もうすぐ終点の大きな町です。スピード感あふれる車の絵本。この号から「こどものとも」は横長版も取り入れられるようになりました。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 20ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1966年07月10日
ISBN : 978-4-8340-0064-1
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(3件)

  • 「とらっく とらっく とらっく」「とべ!ちいさいプロペラき」「しょうぼうじどうしゃじぷた」1歳8ヶ月の息子は、のりものが大好きです。「キーン!」「ぶぶぶ」「うーうーうー」とそれぞれの作品を指さし、うれしそうにストーリーを楽しんでいます。

    CHIHIROさん
    お子さんの年齢:1才

  • 私が読んだのは、36年前になるでしょうか。もうじき2歳になる息子に読み聞かせる本として、遠い記憶の中から思い出しました。『しょうぼうじどうしゃじぷた』、『はたらきもののじょせつしゃけいてぃー』、『いたずらこねこ』、『あおい目のこねこ』、『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』。本書がこれらの本と同じに版を重ね、今の子ども達にも読み継がれていることが嬉しく、息子にも買ってやりました。(昔、持っていた本は、その後、親戚や近所の子供に差し上げて、実家にもありませんでした。) 名作絵本には、すたれることはないのですね。今、うちの息子もすっかりファンになりました。私が帰宅した時、朝起きてまだ私が居るとき、『とらっくとらっくとらっく』を抱えて、読んでくれとせがんできます。まだ、話を理解はしていないと思うのですが、挿絵をみているだけで嬉しいようです。 工事用車両など大型特殊自動車が大の好みの息子には、山本氏の最近の本も好きなのですが、『とらっくとらっくとらっく』がなかでもお気に入りなのは不思議です。親も一緒になって喜んでいるのが、伝わっているのでしょうか。 港から町まで。この絵本では、物のながれを教えてくれます。大人も、陸運の恩恵を実はこうむっていることをつい忘れていませんか。この絵本は、改めて私たちの生活が、多くの方々に支えていただいていることを思い出させてくれます。 今後も息子の成長につれて、昔、私の父親がしてくれたように、息子に読み聞かせていってやろうと思います。

    セイウンスカイさん

  • 少しレトロな車体のトラックが荷物を大きな町に運びます。意気揚々と出発するトラックを見て、すでに息子もノリノリです。途中スピードを出しすぎて白バイにつかまったり、暗い山を「なんだ さか! こんな さか!」と越えたり、臨場感がすごい! エンジン音が聞こえてきそうな絵本です。

    りゅう姉さんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。