本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ひよこさん

ひよこさんがひとりでお出かけです。だんだん暗くなってきて、星まで出てきました。「くらくて もう あるけないよ」。ひよこさんは、葉っぱを1枚かぶって眠ります。ぐうぐうぐう。すると、だれかがやってきました。「なんだか とっても あったかい」。ひよこさんが目をさますと、「あれ、おかあさんだ」。ひよこさんは、お母さんの羽に包まれていました。ひよこさんとお母さんは一緒におうちに帰ります。

  • 読んであげるなら

    0才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体800円+税
ページ数 : 20ページ
サイズ : 21×20cm
初版年月日 : 2017年03月05日
ISBN : 978-4-8340-8314-9
シリーズ 0.1.2.えほん

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~

みんなの感想(23件)

  • 林明子さんの絵には、毎回いやされます。どの作品も大好きなので、これから我が子にたくさん読んであげたいです。

    こうママさん
    お子さんの年齢:0才

  • 1歳4か月の息子、はじめは図書館で手に取ったので借りてみたところ、大変気に入ったようで何回も持ってきて読んだのがこの本でした。一度返却したものの、また図書館で何度も手にするので、もう一度借りました。次も大好きで何度も“読んで”と持ってきました。そんなに好きならと、購入しました。最後のお母さんが登場するところになぜか大興奮するようで、いつも「きゃー」って嬉しそうに反応します。ひよこさんがお母さんと会えてうれしかったのかな。

    とっちゃんさん

  • 幼少期から林明子さんの作品が大好きで、絵本を集めています。赤ちゃん向けのものは、児童書と比べて手に取る機会が少なかったのですが“ひよこさん”の世界のあたたかさに、すぐに購入。たくさんの子ども達に読みきかせております。これからも心が豊かになる絵本を待ってます!!!

    飛石めぐみさん

  • 図書館で「あっ!ぴぃぴぃ!」と手に取り借りてから何度も指示し、何回図書館へ行っても読みたがるので、買ってもらいました。「ひよこさんどこへ行くの?」と、心配そうな声で読みはじめ「くらくてもうあるけないよー」と、感情をこめて読んでもらうのがお気に入りのようです。しゃべれるようになってからは、マネして自分で読んでいます。私もつぶらな瞳のひよこさんが、なんとも言えないさみしそうな切ない表情に見えて、かわいくてたまりません。こどものとも0.1.2.シリーズはハードカバーで、よけいなページがないので、子どもにもあつかいやすくて助かります。

    ほのちゃんさん

  • 以前2歳児を担任していた時、図書館でこの本を手にし、表紙のかわいらしさと相反する?!ストーリー展開にびっくりしましたが、最後はホッと安心!数年ぶりに小さな絵本美術館で見かけ、思わず購入してしまいました!夕方から夜への色彩、翌朝の美しさ、そしてストーリー…とてもなつかしく、又、楽しかったです。大切にくり返し読みたいです。

    ふかちゃんさん

  • 書店で見て、色がとてもきれいだなと思いました。とてもシンプルなお話ですが、ひよこの気持ちになったりおかあさんの気持ちになったりで、心にジーンときました。娘もとても気に入って、背表紙みたいにひよこのマネをして、私の背にのってよろこんでます。

    ミモサさん

  • お母さんのニワトリが現れると、さわろうとします。ヒヨコもお気に入りのようです。

    ひなこさん

  • 林明子さんの絵が大好きで、自身も絵本を集めるようになりましたが、友人に赤ちゃんが産まれ、初めてのクリスマスなのでプレゼントに絵本をおくりたいと思い買いました。絵本は大人になって、そのあたたかさをより感じるようになりました。友人と赤ちゃんにとって大切な一冊になってほしいです。毎年おくろうと思ってます。

    あんずさん

  • ひよこちゃんの色、大きさ、バックの色彩、場面場面とてもていねいで、温かいです。深く心に響きます。

    MOMOさん

  • 私の母が、本屋さんの店員さんと共に探してくれました。おだやかな感じで良かったです。

    ひろみっちさん

  • 林明子さんの原画展でふわふわのひよこの絵を見て、購入を決めました。ひよこの赤ちゃんとお母さんのやりとりがとてもほほえましく、ずっと見ていたくなります。

    ゆうさん

  • 私が幼い頃林明子さんの絵本が大好きで、特に「はじめてのおつかい」「とんことり」「こんとあき」「あさえとちいさいいもうと」「おふろだいすき」を繰り返し読んでいました。ひよこさんは色使いがとっても綺麗でかつシンプルなので、6ヶ月の息子も集中して聞いてくれます。お話がシンプルなのも子どもにはぴったりです。ひよこちゃんがとっても可愛くて私もいやされます。今はまだ本の内容は理解してくれませんが、理解できるようになるまでも、何度も読んであげたいです。

    なっちゃんさん

  • 子育て支援、若い保育士さんへの仕事に絵本を活用しています。ストーリーや絵より気持ちを読みとり、想いを汲みとるのを読んでいて感じます。ゆっくり、ゆったり読むと親子共にほっこりします。保育士さんは親の思いに共感します。

    杉浦和子さん

  • 林明子さんの原画展へ行きました。絵本が何回も推敲されてできあがっていること、作者の方だけでなくたくさんの方の力で作られていることが改めてわかりました。美しいことばを選んで、すばらしい絵とともにある絵本は、子どもに伝えたい文化です。原画はとてもあたたかくて、そして線がいきいきとしていて、色合いがすてきでひき込まれました。自分が小さい頃から大好きな作家さんのお1人です。とくに“あさえとちいさいいもうと”の2人が抱きあう場面は絵から気持ちが伝わり、ジ~ンと涙してしまいました。林さん、これからも活躍を期待しています。「ひよこさん」もほっこりあたたかく、読んでいるこちらがやさしい気持ちになりました。*福音館さんへ、昔の絵本の復刻どんどんやってほしいです!!!(かがくのとも「つき」「ゆげ」など)

    うさぎさん

  • きれいな背景の中に黄色いひよこさんが映えて、娘の目がくぎづけになりました。何度も読んであげたい、あたたかいお話です。

    環奈ママさん
    お子さんの年齢:0才

  • 一文が短いのでゆっくり読むことができ、子供もじっくり聞いてくれます。色の使い方がとてもきれいで、読みながら絵を見てひきこまれます。

    コシムネさん
    お子さんの年齢:1才

  • 林明子さんの大ファンです。保育士として働き始めた頃(S49.4~今現在も)『はじめてのおつかい』に出会い、林さんの本にのめりこみ、ほとんど全冊揃えて、時々1人でも楽しんでいます。保育園の子供達に読み聞かせに始まり、自分の子供へそして孫へ…と読み続けています。私の家の本棚は「林明子コーナー」があって、本、カレンダー、ポストカードといろいろ楽しみ、大事な私のオアシスです。昔、林さんの原画展も見に行きました。林さんが子供を描く視線がやさしくて、その細かい仕草1つ1つが大好きです。これからもずっとずっと一生ファンです。ますますの御活躍をお祈り申し上げます。

    佐藤 智子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 友人から出産祝いで頂きました。やわらかいタッチと短く読みやすい内容なので、2ヶ月の息子に読んでいます。寝る前にゆったりした口調で読むのに適していてとても良かったです。現在4ヶ月ですが、少しずつ興味を持ってきたのが分かります。

    niboさん
    お子さんの年齢:0才

  • 書店で娘が指をさした先にあった「ひよこさん」を購入し読んだところ、何度も何度もページをめくっていました。購入前に母の友4月号で林さんと五味さんの対談を読み、林さんの最新作も読んでみたいと思っていましたが、娘も気に入ってくれたようでとてもうれしかったです。お母さんがひよこさんを見つけ、一緒に夜明けまで過ごす時間、ひよこさんはとても気持ちよく過ごしたのではないかと、ひよこさんの気持ちになって読みました。裏表紙で無事帰宅した様子を見るとほっとします。これからも林さんの作品を楽しみにしています。

    川﨑 令依子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 中学時代、町の図書館でたまたま「ノンちゃん雲に乗る」を手にしてからずっと絵本のファンです。すすめてくれる方がいて、独身時代から「月刊子どものとも」をずっととっていました。結婚後2人の娘に恵まれ、誕生日やクリスマスプレゼントはすべて絵本でしたが、満足してくれていたようです。結婚相手は酪農家です。出身校の農業高校の職員の方が出した「北海道の牧場で:岡部 彰・著、福音館日曜日文庫」で挿絵を担当されたのが林 明子さんで、我が家に牛のデッサンをしにこられたそうです。「ひよこさん」は色彩が美しく内容もステキです。1歳半の孫にプレゼントするつもりですが、反応が楽しみです。

    ヒロシの妻さん

  • 書店で立ち読みして、一目ぼれして購入しました。 親子の温かいストーリーと、空の色のうつりかわりがとても美しく、心があたたまります。 1才の息子はひよこさんと同じ、少し困ったさんですが、いつもそばにいて、守ってあげたい。 そんな思いになる、お気に入りの絵本です。

    夏子さん
    お子さんの年齢:1才

  • ふるさと納税の返礼品としていただきました。本のチョイスがとても良く、どの本も子供の好奇心を刺激したり、言葉の発達に影響を与える内容で満足しております。「本を読むよー」と声をかけると、最近やっとできるようになったハイハイで、急ぎながらやってきてほほえましいです。子供達はどの本を読んでも大人しく聞いていますが、大人目線で気に入った本は「ひよこさん」です。ありがとうございました。

    小林 智範さん
    お子さんの年齢:0才

  • 子どもが1ページずつページをめくるので読んであげると「あれ、おかあさんだ」のページでとてもうれしい顔になります。前のページの「なんだかとってもあったかい」から繰り返し読んでいます。図書館でこの本を知り、これからも子どものうれしい顔が見たいと思ったからと、喜んでうれしそうに聞いていたので、買ってあげました。

    はるちゃんさん
    お子さんの年齢:0才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。