本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

だいちゃんとうみ

夏休み、だいちゃんは海の近くに住むいとこのこうちゃんの家に行きました。朝早く、船着き場にいって漁師のおじさんから漬け物と交換に魚やエビなどをもらいます。朝ご飯が終わると、小川でカワエビをすくい、それを餌に海に出て魚を釣り、お昼には浜辺で“みな”という貝を採って“みなめし”を炊きます。作者の子どものころの夏の海辺の生活をいきいきと描きだします。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

太田 大八 作・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1992年04月10日
ISBN : 978-4-8340-1098-5
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • ふるきよき日本だった頃のおはなし。たくわんやみそつけをもって、魚や貝を採るお手伝いをする。海辺でみなめしを飯ごうで炊いて、みんなでたべる。帰り道には竹を小刀で切って、すぎてっぽうをつくりながら歩く。くす木の上につくったやぐらに子供がのぼって、夕暮れのにおいをたのしむ。かまどの焚き木のにおい、とりごやや、うしごやのにおい。うすれていくうみのひかりをながめていると、かあさんのよぶこえがする。「ばんごはんの でけたよう。」大勢で囲む食卓。まだそんなに昔ではない、日本の風景。

    よつさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。