本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

番ねずみのヤカちゃん

ある家にすむ母さんねずみと子ねずみたちは、人に気づかれないよう静かに暮らしていました。ところが末の子ねずみヤカちゃんの声の大きいこと。きっと大変なことがおこるでしょう!

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 幼年童話
定価 : 本体1,300円+税
ページ数 : 72ページ
サイズ : 21×19cm
初版年月日 : 1992年05月31日
ISBN : 978-4-8340-1099-2
シリーズ 世界傑作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~

みんなの感想(5件)

  • タイトルに付けられている「番」と言う言葉に馴染みが持てず。どんな内容なのか?不思議なタイトルだな?と思いながら本を読み始めました。普通、家にいる「ねずみ」はイタズラをする動物と思ってしまいますが、物語を読み進めていくとねずみの気持ちが伝わってきました!ねずみのお母さんの気持ちや兄妹の性格の違いなど。それは身近にあるお話として読めました。子供もいつの間にか本の世界に入っていて笑ったりドキドキしたり主人公のヤカちゃんと同じ気持ちを味わっていらような感じでした、さてなぜ「番」という文字がタイトルに入っていていたのか?と言う疑問がお話を読むにしたがって解けた時にはなるほど!そうだよね!と家もそんなねずみがいたらペットにするかも!なんて!納得している自分たちになっていたのには少し笑ってしまいました。また個性の捉え方を考えさせられる本でもありました。

    ゆあなママさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 小学校のおはなし会の人形劇でこの作品を知り、面白かったので本を購入しました。ねずみが出てくる絵本はたくさんありますが、“ヤカちゃん”は私の中ではNO,1です。あと原書は読んでませんが、松岡享子さんの訳もすばらしいです“LOUD MOUSE”(番ねずみのヤカちゃん)読んでも耳で聞いても、面白くて改めてすごいなと思いました。

    ななママさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 娘が幼稚園で読んだことがあって、本屋さんで「絵本1つ選んでいいよ」と言うと「これが面白かった!」と言って選びました。ストーリーが長くて歌もあって、最後まで楽しく読めました。

    こっちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 題名の「ヤカちゃん」変な名前だなぁって思いましたが、読み進めて行くとどんどんワクワクして、子供たちがうれしそうに聞いてくれました。親子のやり取りがあたたかく、ヤカちゃんも実際にいる子供の様にてんしんらんまんで、読み手を気持ち良くしてくれました。

    ソウタのパパさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 大きな三角屋根の窓にたっているねずみのヤカちゃん。本の表紙のなんとなくレトロな感じに 手がのびて読んでみました。 なんと!その楽しいこと。ドドさんの家に住み込んでいる おかあさんと四匹の子ねずみたち。静かにくらす方法 注意しなければならのことを教えるのですが なんと このヤカちゃんたら・・・ 皆さんのまわりにも こんな子どもはきっといるはずですよ!でも なんと!どろぼうが・・・ヤカちゃん大活躍でいいことずくめです。ページを閉じた そのときから もう一度読みたくなるお話です。おかあさんねずみの歌 皆さんならどう 歌いますか? 挿絵もおはなしにぴったりでいいですね。

    きよちゃんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。