本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

へろへろおじさん

とことん運が悪いおじさんの、へろへろな一日

このおじさん、今日はとことんツイてない。友だちに手紙を出そうと思っただけなのに、家を出ようとしたら階段を転げ落ち、道を歩けば空からマットが降ってくる。さらには道の向こうからとんでもないものが……! もはや体はよろよろ、手紙はしわくちゃ。おじさんは身も心もすっかりへろへろです。とっても気の毒なのだけど、そのあまりにも不運な姿が笑いを誘います。上質なドタバタ喜劇を見ているかのような一冊です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 2017年04月10日
ISBN : 978-4-8340-8324-8
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(4件)

  • 悲劇が重なっても友だちへの手紙をポストに入れるため、淡々と進んで行くおじさん。目的を達成して、ご褒美のアイスクリームを食べようと思った時のさらなる悲劇に初めて感情を露にしたおじさんが健気で泣けてきました。本当は辛かったのね。最後は少し救われた気持ちです。

    たかちゃんさん

  • ついていない時はとことんついていないもので、このおじさんも次々とヒドイ目に遭いますが、最後の最後にちょっと良い事が起こります。「不幸の中にも、ちょっとした幸福がある」と、はげまされた気分になれます。子ども達だけでなく、大人も楽しめる本だと思います。

    桃三さん

  • タイトルの面白さに惹かれ購入。一人のおじさんの日常をひとつの時間の経過に沿って展開する分かりやすさと面白さ。肩の力を抜いて楽しく軽く読むことが出来た。手頃な価格も魅力のひとつ。ふんだりけったりとさんざんなおじさんだが、何だか可愛げのあるおじさんに子どもたちも大喜びだった。

    中村 武徳さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 小学校での朝の読み聞かせに、小3の子ども達へ読みました。はじめは、しーんと聞いていた子ども達が途中から次の展開が気になり、口々につぶやきはじめました。読んでいる方も楽しかったです。

    こいぬさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。