本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ホウホウフクロウ

作家・井上洋介が最後に遺した、水墨画の絵本

昨年逝去された井上洋介さんが遺した最後の絵本です。洋介さんの絵本といえば、やはりナンセンス絵本がその真骨頂といえるでしょう。その洋介さんが最後に辿り着いたのは、ナンセンスをはるかに超越した、静謐な水墨画の絵本でした。闇夜に飛び回るフクロウやミミズクたちは、見る者を圧倒する迫力もあり、のびのびと大らかでもあり。それは、常に斬新な発想で絵本を作り続けてきた洋介さんのお姿、そのものなのかもしれません。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,700円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 37×27cm
初版年月日 : 2017年06月15日
ISBN : 978-4-8340-8343-9
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般

みんなの感想(4件)

  • 毎ページドキドキしてめくりました。フクロウが生きていました。セミもトンボも生きていました。とても感動したので、絵の大好きな友人にも見ていただきました。友人もとても感動しておられました。そしてくるっと本の後ろの価格を見て「安い」「画集としてならもっともっと高価のはず」なるほど。納得のでき事でした。

    菅野 千鶴子さん

  • 井上洋介さん亡くなったのですね。私は50年前短大の時「バンザイじっさま」を見てからズーと大好きな人でした。井上さんの絵本は怖そうだけど、続きが見たい絵本でした。素敵な人がまた1人いなくなりましたね。もう本は買わないと思っていたのですが、買ってしまいました。

    根本 照子さん

  • 40歳から定年まで親たちと力をつくしてつくりあげた保育園で、給食調理員、事務員として務めました。毎月園児に届ける「こどものとも」を私も楽しみました。書評を見ると求めたくなります。今回も購入して毎日頁を繰って楽しんでいます。著者の最後の本です、大切にします。子どもの時、神社の森のそばで育ちました。夏はふくろうの「ホウホウ」を聞きながら眠りました。あべひろしさんのふくろうの絵はがき大切にしています。扉絵は「セミ」ですね?ミミズクでしたら失礼?

    池田 寿子さん

  • 「食べる」という作品に出合ってから、井上洋介先生の絵本作品や版画に興味を持ちました。ユーモアと怖さを合わせ持った作品は、心に今後も生き続けるでしょう。先生ありがとうございました。

    赤松 美和子さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。