本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

はじまるよ

熊谷守一の絵に温かな言葉が寄り添います

「おひさま、おはよう」から始まり、「ぐっすり おやすみ」で終わるゆるやかな一日の流れの中に、日だまりで幸せそうに眠る三毛猫、地面を歩き回る蟻、池をのんびり泳ぐ亀など、小さな命がきらめきます。1977年に97歳で亡くなった画家、熊谷守一の絵から幼い子どもたちに身近なモチーフを描いたものを選び、詩人のぱくきょんみが、温かくやさしい言葉を寄り添わせました。美しい絵と言葉が幼い子どもたちを魅了する絵本です。

  • 読んであげるなら

    0才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体800円+税
ページ数 : 20ページ
サイズ : 21×20cm
初版年月日 : 2017年11月05日
ISBN : 978-4-8340-8347-7
シリーズ 0.1.2.えほん

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~

みんなの感想(2件)

  • 東京国立近代美術館へ“熊谷守一展”を見に行った際、ミュージアムショップで購入しました。熊谷守一の作品が大好きで、絵から生きもの全てに対するあったかい尊敬の念、命の大切さ、自然の美しさを感じます。大人になると絵の背景や、作品から見る作者の意図や哲学に、しみじみ感銘されるのですが、あらゆる理屈ぬきで絵本の中の世界から、身の周りにあたりまえのように生きている生きものへの興味をもってほしいなぁと思います。私自身幼いころは、ミッフィーの絵本を読んでました。

    夏十さん
    お子さんの年齢:1才

  • ハードカバーになってとても扱いやすくなり、色もはっきりしたような気がしました。さっそく赤ちゃんたちの絵本とわらべうたの会で読みました。ことばがスーッと子どもの中にはいっていくようでした。それに絵も納得のいくもので、両方の相乗効果ですばらしい作品になっています。

    山浦 敬子さん
    お子さんの年齢:3才

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。