本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ちいさなもみのき

小さなモミの木は、ある日、男の人によって掘り出され、家へと運び込まれました。その家には病気で歩けない男の子がいたのです。男の子とモミの木はクリスマスを一緒に過ごします。そして冬が終わるとモミの木はまた森に返されるのです。それから何年もクリスマスが来るたびに、モミの木は男の子と共に楽しく過ごしました。けれど、ある冬、いつになっても男の人は、モミの木を掘り出しにはきませんでした。男の子が心配でたまらないモミの木は……。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,100円+税
ページ数 : 36ページ
サイズ : 22×20cm
初版年月日 : 1993年10月20日
ISBN : 978-4-8340-1162-3
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 雪がふった日に読もうと、大事にとっておいた本。なんとなく二回クリスマスが過ぎ、三回になってしまいました。おりよく一日雪がふり、二階の窓から雪がつもった木の枝をながめながら読みました。みどり、青、赤、黒の単色だけで表現される世界。一頁目から惹きつけられます。「あるひのこと」のページでどきっとします。もみのきが切られてしまうのかしら…。「けれども おとこのひとは きませんでした」ここで二度目のどきっ!男の子が亡くなったのかしら…。最後はハッピーエンド。「もーみーのきー、もーみーのきー♪」幼いころならいおぼえた歌詞で、一人喜びの歌をうたいました。

    匿名さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。