本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

旅の絵本Ⅸ

スイス編

「旅の絵本」最新作の舞台はスイスです

中部ヨーロッパにはじまり、イタリア、イギリス、アメリカ、スペイン、デンマーク、中国、日本と、世界のあちこちを舞台にしてきた「旅の絵本」。9巻目となる今回の舞台は、スイスです。峠をこえて内陸の国、スイスへ入った旅人は、雄大な自然と、美しい町並みのなかを旅していきます。パウル・クレーやカリジェ、セガンティーニなど、安野光雅さんが敬愛するスイスにゆかりの人物にかかわるものも、絵のなかにさりげなく描かれています。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 56ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 2018年06月15日
ISBN : 978-4-8340-8407-8
シリーズ 安野光雅の絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(11件)

  • 1977年(当時私19歳)、『旅の絵本』を小さな絵本専門店で紹介され、児童書好きの私はすぐにひきこまれてしまいました。以後、次作が出るたびに楽しみつつ「旅の絵本Ⅸ」にたどりつきました。そろそろ新作出ているのではと書店で確認し即注文しました。安野光雅さんは偶然にも2年前に他界した父と同い年です。40年以上ファンです。ずっと癒されてます!

    lily childさん

  • 旅の絵本全編1~9まで買いました。安野光雅作家が大好きで、若い頃から読んでいました。中国編など、力強くすばらしい。何回見ても、ほれぼれする。

    伊藤庄太郎さん

  • いやな世の中で、いつも心臓がドキドキします。絵本を開くと落ち着けるので、世界中の旅とか、いい話を知りたいです。スイスへ1度行ったので、安野さんのスイスの本や新田次郎さんのスイスの本などを読み、行った所を思い出すのが楽しみです。

    金井鏡子さん

  • ずっと昔NHKで絵をスケッチしてる様子を見て素敵だったので、早速書店で求めました。『ドイツの森』を今でも大事にしています。新聞の「語る 人生の贈りもの」拝読いたしました。津和野にも行きたいと思っていますが、持病があり、齢をとり、果たさずにおります。いつまでもお元気で。

    小原玲子さん

  • 朝日新聞に安野光雅さんのインタビュー記事が掲載しているのを知り、「旅の絵本」の新刊が出ていたことを知りました。同じ頃に母が入院。一日中ベッドで過ごす母の為に、家族でチームを組んで介護にあたっている自分や兄弟達の為にと、病院に持参しました。「旅の絵本」は“想像で旅ができる”ので、ベッドにいる母でも“旅”ができる大きな大きな一冊となっています。

    河合敦子さん

  • 短大の時、自分の好きな絵本の紹介をするレポートで選んだのが「旅の絵本」でした。文字はない絵本にはじめはびっくりしましたが、トリックのある絵本、いろんな物語りや名画がかくされた絵本にとりこになりました。ページをめくる楽しさを感じました。中国、日本と、もう旅に出ないのかなと思っていた矢先“スイス”が出ると知り、さっそく手にしました。はじめて手にした時は19歳で、外国に行ったことなどなく、絵本を見ながら旅人と旅をしていましたが、「スイス編」ではルツェルンのカペル橋は、「そうそう。」と思い出しながら読みました。安野先生の旅の続きを楽しみにしています。

    3びきの子ぶたさん

  • 夏休みにスイス旅行をしておりましたので、楽しい家族旅行を思い出し、思い出しし、絵本で又新しい発見に出会えればと孫の誕生日プレゼントにしました。時を経て回想にふけることもよし。

    日暮尋子さん

  • 本屋に出かけた。旅の絵本9冊目が出ていた。旅の絵本は日本編でおしまいと思い込んでいたので、びっくりした。そして、うれしかった。つづいて、次も出ればいいと欲が出て来た。東欧やロシアや、それが出る頃迄私はいるかどうか。なつかしいとんがり帽の馬にのった旅人に会えました。

    田中賀代子さん

  • 安野光雅さんのファンです。いつも安野ワールドを楽しんでいます。ご高齢でよくここまで細かく描けるものだと感心しています。ラフスケッチ風で、これはこれでまたタッチに味があって気に入っています。

    山中弘之さん

  • 国語の教科書のさし絵『チックとタック』以来約50年先生の大ファンです。2年前に定年退職してからはヨーロッパの各国を巡り、安野先生の描かれた土地で感激の連続でした。『スイスの谷』も大好きな本の1冊ですが、今回出版されましたこのスイス編も解説と共に素敵な絵で、たちまち大好きになりました。お元気で今年になり4冊程続けて出版されておられることを大変嬉しく思います。安野先生のご活躍と御社の益々のご発展をお祈りいたします。

    喜多 維久子さん

  • 書店の安野光雅さんフェアで新刊が出ることを知り、楽しみにしていました。新しい「旅の絵本」が手にできて、嬉しくてたまりません。安野光雅さんは素晴らしいと改めて思いました。ページをめくっていて心地よい。絵も色も大好きです。解説も楽しく拝読致しました。旅人はドイツかオーストリアへ向かったようですね。「旅の絵本Ⅹ」を楽しみにしています。

    吉岡 史恵さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。