本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ねこの商売

猫の手、お貸しします!まねきねこ派遣協会

おまんじゅう屋の幸福堂は、最近めっきりお客が減って困っています。町に新しい道路ができて、観光客が来なくなってしまったのです。そんなある日、店の前に「猫の手お貸しします。まねきねこ派遣協会」という張り紙が。電話してみると、1匹の猫がやってきました。「客ひき」が得意だという猫ですが、本当に幸福堂へお客さんをつれてきてくれるのでしょうか。たがいに持ちつ持たれつ生きていく喜びをユーモアたっぷりに描きます。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,430円(税込)
ページ数 : 56ページ
サイズ : 22×19cm
初版年月日 : 2018年09月10日
ISBN : 978-4-8340-8417-7
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~

みんなの感想(7件)

  • 尾道は不思議な街です。小さな道をトコトコ歩いて行くと、かわいいパン屋さんやおしゃれなカフェに出会う。のんびりネコも散歩している(何匹も!!)。久しぶりに尾道を訪ねてみたくなった。尾道に住んでおられる林原先生ならではのお話と思った。

    岡南海子さん

  • 毎日新聞の記事を見て、さっそく購入しました。林原さんのふんわりとしたあたたかさが伝わってきます。地元の寺や菓子店を思わせる名称も出てきて、嬉しかったです。尾道に限らず、全国的に小さいお店、専門店が少なくなってきて、大きなチェーン店に見慣れない店員が働いていたりします。消費者が商品を作っている人と顔を合わせて交流する大切さも、この本は教えてくれている気がします。観光客に限らず、そこで暮らしている人が、顔の見える生産者から物品を受け取ることも大切ですね。表紙裏の猫の絵が1匹1匹皆違っていて、それを見るのも楽しかったです。

    おのみち人さん

  • 私は絵本と猫が大好きです。書店でねこの商売を何気なく手に取って、そのほんわかした優しさに引かれて購入しました。家に帰ってこの本の猫ちゃんのかわいらしさと、お店の夫婦ののほほんとした温かさが、とっても好きになりました。何回も何回もくり返し読んでいます。私のところにも“みけ”みたいな猫がいたらなぁと想像したりして…。表紙の猫と野の花の絵、昭和なお店の絵に、にっこりしてしまいます。

    オールド ミィさん

  • あっ、こんなねこが尾道にはいそうな…。尾道の魅力がいっぱいの本に感激!孫たちにも贈りたい!さし絵もステキです。

    半田正興さん

  • 著者の林原先生は、高校の先輩です。舞台が尾道ということで、ぜひ読んでみたいと思い購入致しました。千光寺ロープウェイのりばと参道は猫ちゃんがいっぱい座っていて、岩合光昭さんの写真集にものっており、とても可愛いです。まさかマネキネコ業もしていたとは(笑)!林原先生は図書館船の保存活動にも力をいれておられますので、この活動を手伝う猫ちゃんの絵本もぜひお願いしたいと思います。

    髙瀬じゅんさん

  • 林原玉枝作品はどれも、読後幸せな余韻が残ります。読む度に違った幸せな余韻です。1人で読んだ時、孫と読んだ時、又、他の孫と読んだ時、他の子どもと読んだ時などです。不思議です。幅広い余韻です。

    フラットさん

  • 忘れがちの子どもの心をたのしく思いおこさせてくれました。感謝!

    阪田光昭さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。