本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

アリになった数学者

1とはなにか? アリたちに導かれ新しい数の世界へ。

 数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」は、そもそも、その数や図形とはなにか? と考える学問です。そんな「数学」の世界を探求する数学者は、ある日気がつくと、アリになっていました。数学者は、アリたちと数学について語りあいたいと願います……。さて、アリたちに人間の数学、「数」は理解されるのでしょうか? 数を通してこの世界をどう理解するか。アリたちが導くあたらしい数の世界へ。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,300円+税
ページ数 : 48ページ
サイズ : 26×20cm
初版年月日 : 2018年10月05日
ISBN : 978-4-8340-8434-4
シリーズ たくさんのふしぎ傑作集

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
    • セット
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~

みんなの感想(2件)

  • 脇阪さんのファンなので、あまり中を見ないで買いました。数学は苦手分野なので、むずかしいかなと思いましたが、じっくり読むと哲学的でもあり、壮大なファンタジーでもあり、おもしろかったです。孫にはどのくらい「しみた」のかわかりませんが、結果が出るのは数年後かもしれないですね。

    くーちゃんママさん

  • アスパラに赤い実がなるのを初めて知りました。日本でも見たことがありませんでしたので。アリはその実が好きなのですか?とても素敵な本です。私はフランスに住んでいますが、こちらでも訳されて出版されたらいいなと思う本です。

    CoCoさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。