本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

野生のロボット

野生のなかで生きるロボットの運命は?

あらしの夜、五つの木箱が無人島に流れついた。中にはどれも新品のロボットが一体ずつ入っていたが、こわれずに無事だったのは一体だけだった。偶然スイッチが入り起動したロボット=ロズは、島で生きぬくために、野生動物たちを観察することでサバイバル術を学んでいく。はじめはロズを怪物よばわりしていた動物たちだったが、ひょんなことからガンの赤ちゃんの母親がわりとなったロズが子育てに孤軍奮闘する姿を見て、しだいに心をひらいていく。すっかり野生のロボットとなったロズのもとに、ある日、不気味な飛行船がやってきた……。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 2,090円(税込)
ページ数 : 304ページ
サイズ : 22×15cm
初版年月日 : 2018年11月15日
ISBN : 978-4-8340-8356-9
シリーズ 世界傑作童話

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~

みんなの感想(5件)

  • 野心の中にファンタジー的な世界で
    生きていくロボットと無人島の生きものたちの共生

    のびのびとした中に未来に「あるある」を体験する。
    口(くち)から口(くち)へ伝えたい。
    ボロボロになるまで読みたい。
    ッこみたくなる

    トんでもない小説です。

    リオンのジィジさん

  • ピーター・ブラウンの本書、面白くて一挙に読んだ。続篇のThe Robot Escapseも、同じ前沢氏の訳でぜひ刊行してほしいと思いました。

    村野 克明さん

  • レコ2がたきの上から落ちてこわれる所がおもしろかった。一気に全部読んだのは初めてです。一章が短いから読みやすい。(続編が早く読みたいと息子は言っています。とても楽しかったようです。母)

    ゆうたさん

  • タイトルと絵に惹かれたぼくが読みたかったのもあるけど試しに息子に読み聞かせてみたところ、章で終わるごとに「それからどうしたの?」と聞いてくる。きっと彼の頭に世界が描かれてるんだろう。彼に急かされるまま読み進んだ。ぼく自身あたまっからぐんぐん引き込まれた。途中で、タイトルを読んだだけでアレコレ妄想が膨らんで、胸が苦しくなったり読むのが怖かったりした。ぼくらの実世界とどこか地続きな世界観だったことが大人にもいいんじゃないかな。閉じた世界から広大に広がって行きそうな展開を予感させながら物語は突然終わったので、「おわったの?」と息子は言った。どうも続きがあるようですね。うわあ知りたいような知りたくないような。

    inumoofuさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 6歳の娘に読み聞かせ、クライマックスでは親も一緒になって泣きました。ひとつひとつの章が短くて、時間のない時でも区切りながら、少しずつ読み進めることができていいです。原作では続編があるので、今から翻訳を待ち望んでいます。

    ほんさんさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。