本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

たまごのあかちゃん

「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 1993年02月10日
ISBN : 978-4-8340-1192-0
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(20件)

  • 保育士の妹にすすめられて購入しました。カラフルなページをめくるたびに表情がパッと明るくなります。「かくれんぼしてるあかちゃんはだあれ、でておいでよー」のフレーズにもにこにこして、お互いに楽しい時間をすごしています。

    丸谷 尚子さん
    お子さんの年齢:0才

  • 2~4歳向けの本ですが、色がはっきりしていて、0歳の息子も楽しみながら(本を)開いてくれました。年齢が上がるとこのたまごは…と予想しながら読めるところもいいです。繰り返し読んで聞かせようと思います。

    けいママさん
    お子さんの年齢:0才

  • 友人からおすすめの絵本ということで、プレゼントして頂きました!!この卵からは何がうまれるのかな??と、わくわくしました。子どももじーっと絵をみつめてくれていました。これからさらに楽しめるようになっていくと思います!!

    あひるんるんさん

  • だいすきなたまごのあかちゃん…0歳から読みきかせて、もう100回ぐらい読んだかと思います。一番はじめの出会いは、図書館で借りて、大好きすぎて、かんだりやぶいたり…と。改めて購入したとき久しぶりに読んだら、息子の幸せそうな表情をみて幸せになりました。ありがとうございます。

    じょういちろうさん

  • 半年程前、図書館のお話し会で読んでいただいたときは全く興味を示さなかったのに、久しぶりに読んでみたら興味津々。まだ言えない言葉も一生懸命繰り返そうと頑張っていて、何度も「もう1回」と、読むのをせがまれました。たった半年でこんなにも同じ本に対する反応がかわるのかと、我が子の成長を感じる1冊でした。読みながら、昔くまの子ウーフを何度も読んだのをなつかしく思い出しました。

    後藤美芽さん

  • ストーリーがおとなも楽しめ、消灯前の絵本タイムに読む1冊に加わりました。電子書籍が増えつつありますが、紙ページをめくりながらの本は、大切にしたいです。

    ななさん

  • 図書館のオススメ絵本で知り、息子が3ヶ月の頃借りてきて、私自身が読み心地、絵や色使いがとてもかわいくて気に入り、購入しました。最後の「にょろ ちょろ よちよち きゅーう ぐぐぐ」が、とっても気に入っています!!

    タキキュンさん

  • 保育士をしていたころ、私のクラス(1歳児)の子たちが、大好きだった本。今年うまれた娘へ、一番最初に買った本です。“たまごのなかで~”とお歌のようにメロディーをつけて読むと、ニコッと笑ってくれます。

    ひなママさん

  • カラフルな絵と何度もよびかけるようなセリフが、気に入ったみたいです。赤ちゃんたちのなきごえも読んでいて楽しいです。「たまごのあかちゃんでておいで~!」

    そうちゃんママさん
    お子さんの年齢:2才

  • 「でておいでよ」のフレーズを歌うように読むと、我が子は喜びます。絵がシンプルではっきりしているので、とても分かりやすく、子どもの目を引いています。内容は分かっていなくてもじーっと見てくれるので、親子共々楽しく絵本と触れ合うことができます。

    我妻 佳奈子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 図書館でたくさん借りた本の中で、この本が好きだったので購入しました。 対象年齢にはまだ足りませんが、「でておいでよ」のところが手をたまごにトントンして、楽しんでいるようです。

    ことりさん

  • 保育園からのクリスマスプレゼントだったので、なじみのある絵本だったと思います。読んでほしいと、持ってきます。おゆうぎ会の劇でも使われていました。

    市場 麻美さん
    お子さんの年齢:1才

  • 私がこの絵本を好きだったので、娘の1歳の誕生日にプレゼントしました。まだ聞いて楽しむところですが、一緒に「でておいでよー」と言ってくれるのを楽しみにしています。カラフルな絵本で、娘は自分でもペラペラとめくり、楽しそうにしています。

    トモさん
    お子さんの年齢:1才

  • 弟のファーストブックでいただいたのに兄ちゃんがとっても気に入って、寝る前に毎日3回は読んでいます。絵もかわいいし、内容も良く、私も大好きです。

    ペンペンさん
    お子さんの年齢:2才

  • シンプルな文章とはっきりした絵・カラーが目を引くのか、とっても食いつきがいいです。双子の女の子ですが、2人とも大好きな本です。

    山野 沙織さん
    お子さんの年齢:0才

  • 読みきかせの場で使用しました。小さなたまごや大きなたまごから、次々うまれるあかちゃんに目を丸くしてました。ページをめくり、たまごの中でかくれんぼしてるたまごをトントンと指でノックしてあげて、ピヨッピヨッ ヨチヨチとそれぞれが誕生する期待感を楽しみました。(歌もうたったり、遊べる絵本にもなりますね)

    笠原 妙子さん
    お子さんの年齢:3才

  • ページをめくるたびに卵の中からあかちゃんが登場します。一匹だったり何匹もだったり。何の卵かなーと2才の娘もわくわくしながらページをめくって楽しいんでいます。

    まつまつまっつーさん

  • 今は5歳になる娘が、まだ小さかった頃に図書館でいつも借りていました。でておいでよ~とめくるたび目を輝かせ、こんにちはとあいさつしていました。今では出産をした友達へのプレゼントの定番になっています。

    なおさん

  • 初めてのクイズみたいな絵本として、1歳・2歳代に楽しんだ絵本の1つです。赤ちゃん絵本から次の段階に入っていく絵本としてとっても良い絵本だと思います。「たまごの中にかくれているあかちゃんはだあれ?」というと、何度も読んでいくうちに、次は誰?っていうのが分かるんですよね♪「でておいで~!!○○ちゃん」と、息子は動物の名前をいいながら楽しんでいました。文章もとってもリズミカルなので、読んでいてお母さんも一緒に楽しめる絵本だと思います。

    さやぽん☆さん

  • 出産祝いに、と友達が送ってくれた本です。色がはっきりしているせいか、1歳半の娘はこの本が大好きで、持ち出してきては私のひざの上に座って広げています。「出ておいでよ~」と呼びかけると、娘は「は~い!」と元気に返事をし、出てくる赤ちゃんの鳴き声の真似を一生懸命しています。

    ははこざくらさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。