本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

家をせおって歩く

かんぜん版

住む場所は自由。家の新しいかたちは、これ!

みなさんは、どんな家に住んでいますか? アパート? マンション? それとも一軒家? アーティストの村上慧さんは、発泡スチロールで作った小さな白い家をせおって歩いて、日本各地を移動しながら生活しています。さらに、このくらしをするために韓国やスウェーデンへも行きました。お風呂はどうするんだろう? トイレは? 食事は? どんな寝心地? 何だか大変そう、でも楽しそうな、小さな家とのくらしを紹介します。

  • 読んであげるなら

    小学中学年から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,540円(税込)
ページ数 : 48ページ
サイズ : 26×20cm
初版年月日 : 2019年03月10日
ISBN : 978-4-8340-8447-4
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~

みんなの感想(5件)

  • 先ずこれは、大人の本だと思いました。娘(大人です)にすすめられ、個展に行きました。娘が小さい時から庭にテントを張ったり、ダンボールで小さな家を作ったり、キルトを広げて床や天井を作ったり、基地とかこのような経験は誰もよくしたことがあると思います。寝る所、住む所、親切な人たちいいですね。

    ははさん

  • 「家をせおって歩く」発想が素晴らしい!家が寝る所でありながら、行く先々の町に家の間取りを見つけ、行く先々の親切な人に出会い、暮らし方のような日々を想い、思考し、なんだか楽しいワクワク感がありました。大人の本ですね。

    はさん

  • 村上くんが一人でしてきたこと、感じてきたことが、たくさん詰まっていると思いました。それはワクワクドキドキする冒険譚のようでもあります。歩く、食べる、寝る。人、虫、建物、街を見る。そういった彼の行為を通じて、同じく私たちも日々行っているはずのことの解像度が上がって見えてくる。ステキな絵本だと思います。そして前提となる「なぜ家をせおって歩いているのか?」その描かれないところにも関心をもちました。

    本棚のエッケさん

  • わたしは、この本を「たくさんのふしぎ」のときから読みました。でもと中で終わったので、つづきが気になりました。でもかんぜんばんを読んで、外国へ行ったりして、つづきが分かってうれしかったです。このような家を作りたいと思いました。

    カリリンさん

  • 家族で楽しく読みました。見ているだけでも、ワクワクします。すてきなお家ですね、村上さん!

    よしやんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。