本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

かめくんのさんぽ

ちいさなかめくん、のんびりお散歩。

今日はいい天気、かめくんはごきげんで散歩に出かけます。わにくんやかばくんも誘いますが、みんなお昼寝中。そこでかめくんは……。おなじみ「ぞうくんのさんぽ」シリーズから、小さなかめくんが主人公の新しいお話が生まれました。大きいぞうくんとは一味違うお散歩をお楽しみください。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 2019年04月05日
ISBN : 978-4-8340-8456-6
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
    • 大型絵本
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(11件)

  • かめさんが、わにさんやかばさんのせなかを歩いておさんぽするのがおもしろく、子どもたちも笑っていました。

    ちゃもさん
    お子さんの年齢:4才

  • 家にかめがいるので、どんなこと考えてるのかなぁと思って、楽しい絵本でした。

    伊丹 和子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 「ぞうくんのさんぽ」を保育園からもらい、はじめはまったりした絵本だなーと思っていました。その後、図書館で「おおかぜさんぽ」「あめふりさんぽ」を借りて読んで、どんな天気でもごきげんなぞうくんに、親の方がハマッていきました(笑)。1冊買い足そうかと本屋さんに行ったところ、まさかのスピンオフ?!「かめくんのさんぽ」を見つけ、子どもが希望したので買って帰りました。「ぞうくん」とは違いますが、相変わらずみんなマイペースですね~。元気と笑いと、毎日の子育てへの勇気、やる気、なんとかなるさ!をもらった、お気に入りのシリーズです。

    玉田陽子さん

  • 私が子どもの頃、たくさん読んでもらっていた「ぞうくんのさんぽ」。今度は「かめくんのさんぽ」が出版されたということで、思わず手に取ってしまいました。かめくんのさんぽする姿に、娘とにっこり読ませて頂きました。

    POMさん

  • やわらかな色彩と、ほんわかしたラインの絵が、私も孫も大好きです。2歳8ヶ月の孫にも理解できるかめくんと、他の動物の会話をうれしそうに聞いています。特に“えっちら おっちら”はリズムがおもしろいのか、読むたびにケラケラと笑ってくれます。

    岡田敏子さん

  • “ぞうくんのさんぽ”から、ぞうくんシリーズが大好きでした。新刊が出て、かめくんが主人公のこのお話が楽しくて、もう大きくなった小6の娘、中3の息子と大笑いしました。幼かった頃何度も読んだ、ぞうくんのさんぽ。大きくなって読んだ新刊。子どもたちと私(母)の間に、言葉にはならないなつかしい思い出と、なんとも言えない嬉しい気持ちになりました。ぞうくんのさんぽは、新任(20歳)で幼稚園に勤めていた時に劇をした思い出深い1冊です。

    hanacotaさん

  • 保育園の5歳児クラスで、読み聞かせしました。『ぞうくんのさんぽ』シリーズをよく知っている子どもたちで、かめくんが主役のおはなしもよく聞いて、楽しんでいました。わにの背中をさんぽすると痛いのではないかと心配する子、ぞうくんの背中からすべりおちるかめくんを見て、ひやひやする子。お話最後のページでは、たった2粒の水はねを見て、かめくんが池に戻ったことを理解しました。又、表裏あわせて1枚の絵になっている表紙の絵には、歓声があがりました。私も子どもたちと一緒にお話を楽しめました。

    伊藤英子さん

  • ぞうくんのさんぽを先に読んでいたので、一度読んだ時から子どもはすぐに覚えて、くり返し読んでいました。

    ななママさん

  • 1回読んだあと、「オーイ、オーイ、ワニさんさんぽしよう」「いまおひるねしてるから、あとでさんぽしよう」「かめさん、ぞうさんのおせなかでねんね」…と、自分でページをめくってたのしんでいました。

    熊井明子さん

  • 『ぞうくんのさんぽ』も持っています。絵が可愛く、登場キャラクターの「ぞうさん」「わにくん」「かばくん」そして「かめくん」。これらはどれも優しくて、絵を見ていると何故か、心が安まり落ちつきます。今回、かめくんがピックアップされていて、これまたほんわかさせてくれました。有難うございます。

    桑名千夏さん

  • 「ぞうくんのさんぽ」シリーズが大好きです。保育士をしているので、よく子どもたちに読んでいました。すると今度は「かめくん」になり、そうきたかーと、喜んでいました。雨のときは「あめふりさんぽ」をよく読んでいました。今度はかめくんになりきって読むと、子どもたちがどんな反応をするか、たのしみです。

    イーストさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。