本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ミツバチ だいすき

ぼくの おじさんは ようほう家

養蜂家の仕事を通して自然の営みを理解する

“ぼく”は、養蜂家のおじさんから届いた手紙をきっかけに、養蜂を手伝い、ミツバチの暮らしを観察します。そして、蜂蜜はミツバチの食べ物だと知り、働きバチは幼虫のために花の蜜だけでなく花粉も集めてくること、そのときに草や木の受粉を助けていることなど、いろいろな生きものが繋がって自然環境がうまく回っていることを理解するのでした。一万年にも及ぶともいわれる人間とミツバチとの関わりは、生きものたちの繋がりをわかりやすく映し出しているのです。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 1,650円(税込)
ページ数 : 40ページ
サイズ : 26×26cm
初版年月日 : 2019年05月10日
ISBN : 978-4-8340-8462-7
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~

みんなの感想(4件)

  • 数年前から家内が、亡父が遺したミツバチの世話をしています。孫が最近興味を持ち始めたので、中国新聞で紹介されていたこの本を求めました。大変喜んで読み聞かせる前に自分で読み終えてしまいました。

    御前 昌博さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 単に読んで楽しいだけの本もいいですが、読んでいて役に立つ本は貴重だと思います。知的好奇心をくすぐってくれる本をこれからもどんどん出してくださると、ありがたいです。大人の私が知らなかったミツバチの生態を知ることができて、とても嬉しいです。

    みのかさごさん

  • 私はハチミツが大好きなので、おのずとミツバチに関心がいきました。老年になると絵本を読むのは楽しいです。

    日吉 みよ子さん

  • ラジオの絵本紹介用に購入しました。毎日お世話になるハチミツから、ハチミツをせっせと作ってくれるミツバチの生命のふしぎさを細かく紹介してくれます。自然との共存、豊かな自然を次世代に残す大切さを痛感します。

    イブとロビンさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。