本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ノンちゃん雲に乗る

女の子のノンちゃんは神社の境内にある大きなモミジの木に登りますが……。戦後出版されると同時に多くの読者に感銘を与えた名作。今も変わらぬ新鮮さに溢れた日本童話の古典です。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,200円+税
ページ数 : 278ページ
サイズ : 18×13cm
初版年月日 : 1967年01月20日
ISBN : 978-4-8340-0079-5
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(4件)

  • もう70年程前の事ですが、本が大好きな兄がおみやげに買ってきてくれたのが、この「ノンちゃん雲に乗る」でした。ずっと私の宝物だったのですが、何回も引越しして、その際に気がついたのですが、この本が無くなっていたのです。私の記憶では誰かに貸した覚えがあるのですが、それが誰かも忘れてしまい、返してもらってないと思うのです。三年程前にその兄も亡くなり、私が初めて読んだ本なのでどうしても欲しくなり買いました。買ってもらった時は小学1年でした。

    望月 かをるさん

  • 母が買ってくれたのか、幼い日の私にとって大切な思い出の1冊でした。60年以上経過して読みかえして、全く初めて読んだような、すべてを知っているような、不思議な気分です。

    江上尚志さん

  • 石井桃子さんの正しく優しい日本語が物語の雰囲気や世界観と調和しとても心地の良い本でした。また、戦前の日本の文化的な生活風景が想われ、現代にこそ読むべき1冊だと思いました。石井桃子さんの本を文庫本でもっと読むことができたら良いと思います。

  • 私がこの童話を知ったのは、小学校に入る前でございます。その事はとっくに忘れていたのですが、今年の東京新聞の記事(1月22日)で、今でもその本があるのを知り、60年以上過ぎて初めて本を手にしました。この童話は不思議な魅力のある物語であり、その中でノンちゃんが最後まで、実にかわいいのでございます。童話は子供だけのものではなく、流されてしまった大人の為にもあるのだと確信した次第です。小林深雪さん、石井桃子さん、福音館書店さんに感謝です。落語の人情長屋の様な話を沢山読んでみたいと思っております。

    戸田 閠一郎さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。