本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

まほうのえのぐ

よしみはいつも、お兄ちゃんのように絵の具で絵を描きたいと思っていました。ある日、とうとうお兄ちゃんからから貸してもらった絵の具で、絵を描いていると、ヘビが絵の具をくわえて逃げていきます。追いかけて森の中に入ると、そこではネズミやリスやカラスにシャクトリムシまで、よしみの絵の具で絵を描いていました……。林明子の文・絵による、絵を描く楽しみに満ちた絵本です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1997年08月15日
ISBN : 978-4-8340-1280-4
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(4件)

  • 林明子さんの絵本が好きで、娘の4歳の誕生日にプレゼントしました。絵を描くのが好きで、上に兄もいて、そのような環境も似ていました。子供らしい温かみのある絵がとても好きです。

    米川 絢子さん
    お子さんの年齢:4才

  • 余談ですが、わたしもみなさんに負けないくらい、絵本が大好きです。子供の楽しみに、とも勿論思っていますが、自分でももう趣味の域だからたくさん読みたいし、できるかぎり集めたい。好きな絵本作家のグッズもあつめています。わたしにとっては絵本にかかるすべてのものが宝もので、少女が引き出しに可愛い雑貨やキャラクターグッズを大事にしまうように、わたしは絵本を収集しているのです。息子が誕生してから集めだした絵本も、かなりな数になってきました。しかし絵本はあってもあってもこまらないもの、いくらあってもよいもの、と考える私は、みなさんと同じく、これからも、絵本を、親子ともども愛していきたいとおもっております!さてこのまほうのえのぐ、の物語。おにいちゃんのえのぐをやっとかしてもらったよしみは、どうぶつたちと絵を合作します。出来上がったすてきな絵は、ラストにあきらかに!

    よつさん

  • とっても素敵なお話でした!!お話が書いてある枠にも!!こんなにいい絵本はもうなさそうです!!

    明さん

  • 最初は図書館で見つけて読みました。当時2歳10ヶ月の娘には少々文章が長いかな?と思ったのですが林先生のきれいな絵にすっかりはまったらしく、何度も読んで購入しました。読むたびに、木にも顔が書いてあることを発見したり、たくさんの動物たちがそれぞれに書く絵にも意味があることを話したりと絵本を基にいろんな話をしたりしています。絵を基にいろんな話ができる素敵な本だと思います。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。