本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

どんぐりかいぎ

どんぐりの木たちは、実を小動物たちに食べつくされて大弱り。「どうしたら元気な若木を育てられるだろう?」と会議を開きます。植物界と動物界の、知恵くらべが始まりました。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 1995年09月20日
ISBN : 978-4-8340-1333-7
シリーズ かがくのとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 図書館で借りてきました。果物などには、当たり年と、ウラ年(私はそう、言っていますが)がなぜあるのだろう。と、子供のころから疑問に思っていました。それが、この本を読んで、どんぐりと、それを食べるどうぶつ達には、こんな関係があったのね。と親も納得のお話でした。

    桃花母さん

  • 片山健さんの、生命力あふれる力強い絵がとても好きです。すべての地上の生き物は、ある戦略をもって如何にして生き延びるか、子孫を増やすか、たゆまぬ努力を続けている…ということを親の私は気付かされ(さて私たち人間は…? ぶち壊してばかりかも)、息子はこんなふうに世界がつながっている!ということを驚きをもって受け止めたようです。そう、世界はどこまでもつながっていて、線を引いて切り離すことはできない。生きていく中のいろんな場面でとても大事なこのことを、息子に教えてくれた本です。

    taguroさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。