本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

御伽草子「酒呑童子」より

やさいの おにたいじ

伝統的な鬼退治の物語を大胆にアレンジ!

京の都に、おそろしい鬼が現れました。さらわれた娘たちを救うため、知恵と勇気のある6人が立ち上がります。絵巻物などで知られる鬼退治の伝説ですが、その姿をよく見ると、敵も味方も、なんと野菜! 鬼はツノの生えたこんにゃく芋。味方の大将は、兜ではなく固い皮をかぶった竹の子。他の仲間も、金時にんじんや堀川ごぼうなどの京野菜に姿を変えています。大胆にアレンジされた「酒呑童子」の物語を、どうぞお楽しみください。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2020年02月10日
ISBN : 978-4-8340-8547-1
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(3件)

  • 子どもたちが知っている野菜たちが知恵を出して仲間を先に進めていく。このおもしろさがわかりやすく描かれていたので、みんなよく見ていました。野菜も京野菜というので、いつもと違う名前、形に興味を持っていました。

    山下 純さん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 「絵」も文章も楽しく、大人も孫もみんな親しみやすい絵本ですね。

    よしやんさん

  • 京都弁の絵本って珍しいですね。関西弁、大阪弁はたくさん出ていますが…。地元の小学校で読みたいと思っています。子どもたちがどんな反応を示すのか楽しみどす。書店での「おはなし会」で、関西弁のプログラムを組んでその中に入れたら、インパクトのある「おはなし会」になると思いますえ。大人の方が喜ばはるのとちがいますか?

    諸岡弘さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。