本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

さくらがさくと

桜並木で繰り広げられるささやかなドラマを描く

桜が咲きはじめると、道行く人々は足をとめ、その数日間は花に心を寄せます。天気に一喜一憂し、そわそわしながら満開になっていく桜を心待ちにするのはどうしてなのでしょう。いっせいに咲く桜の花には魔法のような力があるのかもしれません。3月半ばから4月半ばの約一か月、川沿いの桜並木で繰り広げられる自然と人間のささやかなドラマをお楽しみください。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 24×31cm
初版年月日 : 2020年02月10日
ISBN : 978-4-8340-8539-6
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~

みんなの感想(5件)

  • 春のうきうきした感じがよく出ていました。

    小林 一さん
    お子さんの年齢:3才

  • 桜が美しく見事にかかれていて、ずっと見ていたくなりました。日常の1シーンと桜の木の開花までとその後の様子が自然に融け込んで、日々の中にある幸せを感じられました。

    ほのぼのさん

  • SNS(インスタグラム)を見て「さくらがさくと」を購入しました。もうすぐ春、息子の幼稚園、もしくはおはなし会で読もうと思っていたのですが、コロナウィルスの影響で中止。あたり前にしていた、できていた行事ができなくなる、でも桜の季節は今年もやってきてくれた。あたり前の安心安全な毎日に感謝。桜が咲くように、みんなの笑顔も早く咲きますように。

    鈴木 佐代子さん

  • 私たちの保育園のある街が舞台だと、こどものとも社の人が紹介してくれました。ネットでもどこでも絵本は手に入りますが、ふら~っと訪問してくれる、こどものとも社の人とやりとりしながら絵本を増やしていくのが、私はいいなぁと思います。こういう、人と人とのやりとりのない絵本は、タブレットで見る画面に似て、ただの作品です。その人が読み、これはいいなぁと思うものをていねいにご案内してもらうのも絵本の楽しみ!!

    久良岐保育園0さん

  • 日常の変化の無い日々のなかに、季節の変化を感じる事が出来る文章と、木々の成長、鳥達の活動が、絵のなかに表現されているように思います。絵があたたかみを感じ、年齢に関係なくほのぼのととても良いです(P22、P23)

    としえおばあちゃんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。