本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

クリスマスの小屋

アイルランドの妖精のおはなし

感動を呼ぶ、アイルランドの幻想的な伝説

流れ者の娘オーナは、逆境の中でもいつか自分の小屋を持つという夢を持ち前向きに生きていきます。オーナが老いを迎えたある年のクリスマス、妖精たちはオーナにすばらしい小屋を作り、贈りました。それから百年がたった今でも、毎年ホワイトクリスマスになると、オーナは世界中の飢えた者たちをその小屋にを招き入れごちそうをしているのです。―アイルランドの美しい伝説が、稀代のストーリーテラーにより幻想的に語られます。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,650円(税込)
ページ数 : 64ページ
サイズ : 22×15cm
初版年月日 : 2020年10月15日
ISBN : 978-4-8340-8563-1
シリーズ 世界傑作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

みんなの感想(4件)

  • 少し前に『かじ屋と妖精たち イギリスの昔話』(岩波少年文庫)を読み、イギリスやアイルランドの「妖精」というものに興味を持っていました。妖精とは、昔(昭和40年代)森永ハイクラウンチョコのおまけに入っていたカード(シシリー・メアリー・パーカー『花の妖精』)のような妖精(きれいで美しい)と思っていました。そうではなくハリーポッターに出てくる屋敷しもべ妖精ドビーのような者まで、いろいろ居るとわかりました。その時、書店でこの本を見つけました。とても良い本でした。思っている通りの妖精でした。所属する読書会では青少年に推薦できる本を課題本として取り上げていますが、12月の本に推薦するつもりです。

    Rさんさん

  • アイルランドの厳しい自然と環境の中、心優しく美しく生きる主人公に胸をうたれます。さし画もきれいで物語にとても合っていると思いました。コンパクトな本が好きなので、大きさも丁度良く書店で見つけ購入しました。装丁の美しい本を購入するのが好きで、梨木香歩“岸辺のヤービ”、小出鞠るい“心の森”ヒグチユウコ“せかいいちのねこ”蜂飼耳“うきわねこ”など、どちらかというとさし絵の方に重点をおいてしまいます。時代物が大好きで、朝井まかての“雲上雲下”は一番の宝ものです。

    猫母さん

  • 装丁のきれいさに思わず手に取りました。中を読んでいくと、主人公の優しさと共に努力が認められない世の中の厳しさに、胸が痛くなりました。画家さんの甘すぎず、でもあたたかい絵がステキで好きです。自分へのクリスマスプレゼントにしました。ありがとうございます。

    加古 範子さん

  • オーナがずっと夢見ていた小屋は、いつかは築きたい家庭であったんだと思います。オーナに助けてもらっていた村の人たちも、日々の暮らしの中で大切に思っていた妖精たちも、オーナに対する気持ちは一緒で、その気持ちがオーナの小屋を作ったと思います。

    たくななさん
    お子さんの年齢:中学生

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。