本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

サラダとまほうのおみせ

やなぎむらのおはなし

大きなヤナギの木の下にある“やなぎむら”には、バッタとカタツムリとクモ、それにアリの家族が住んでいました。ある日この村にイモムシのモナックさんが引っ越してきて、サラダのお店を開きました。おいしくて、村のみんなに大評判です。ところがある朝からそのお店は「お休み」になってしまいました……。虫たちの世界を色鉛筆で精緻に描いた「やなぎむらのおはなし」シリーズ第1作です。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1997年08月15日
ISBN : 978-4-8340-1462-4
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(1件)

  • 色々な展開があって、もう最後まで飽きることなく楽しく読めます。やなぎむらに、いもむしのイモックさんがおいしいサラダやさんを開きます。でもお店の名前は「サラダとまほうのおみせ」。まほうって何?と思っていたら・・・イモックさんがちょうちょうに。そうそれが魔法。子供は大喜び。これで終わりかと思いきや、ちょうちょうになったイモックさんの結婚式に呼ばれ、やなぎむらの虫たちの旅の珍道中もなかなかです。そして結婚式のあとの、プレゼントやかくれんぼ。そこに描かれているちょっとした遊び心はとても子供の興味をひくようです。そしてやなぎむらに帰ってくるときに、かたつむりさんは何でキララさん何だろうって思ってたら、その答えが。そしてそして、またラストには・・・もう最後まで、楽しく読むことができます。1冊でここまで楽しめるこの絵本に拍手喝采です。ぜひに読んでほしい1冊です。

    さやぽんさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。