本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

いきものづくし ものづくし 7

世界の美しさ、ふしぎさ、おもしろさがいっぱい!

自然が生み出してきた“いきもの”と、ひとが作り出してきた“もの”の多様性を大画面で見せる全12巻のシリーズ。7巻は、「きのこ」(小林路子)、「かくれるこんちゅう おどろかすこんちゅう」(廣野研一)、「とげとげのいきもの」(かわしまはるこ)、「おっぱいをのむどうぶつ」(福武忍)、「だいどころのどうぐ」(広野多珂子)、「おどり」(角愼作)、「はし」(青山邦彦)の7テーマです。巻末の封筒に入っている別冊「よんでたのしむ いきものづくし ものづくし」では、各テーマごとに興味を広げる話題を紹介(小学生低学年の漢字使いで総ルビ。28ページ)。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 2,420円(税込)
ページ数 : 16ページ
サイズ : 38×31cm
初版年月日 : 2021年09月05日
ISBN : 978-4-8340-8514-3
シリーズ いきものづくし ものづくし

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 本物を想像でき、ワクワクします。

    サファイヤさん

  • 3月ころに書店で案内パンフを見かけて、一見興味をもって定期に求めている。個人で絵をながめて楽しむことができるだけでなく、読みきかせにも工夫をすれば使うことができそう。図鑑のようでもあり、レイアウトの具合でお話を紡ぎだすこともできそうだし、いろいろな場面で楽しめそうに思っている。私老人は、ひまにまかせて頁をくって絵を楽しんでいる。別冊「よんでたのしむ…」は、もう少し個々のもののデータ的な事柄があってもいいのでは。寄りそって読む場合の背景として。一つ7巻、きのこになぜまつたけがないのか疑問。この国ではきのこといえばまず代表はまつたけでなかろうか。

    山田 明彦さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。