本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

つくしちゃんとおねえちゃん

いつだって、おねえちゃんはあたしの自慢

頭がよくて、ものしりで、ぶ厚い本を読んでいて、ピアノだって上手、だけど、ちょっと怒りっぽくていばりんぼう、そんなおねえちゃんはあたしの自慢です。おねえちゃんは歩くとき、少し右足をひきずりますーー。笑ったり、泣いたり、けんかしたり、助けたり、助けられたり、揺れ動く姉妹の気持ちが、鮮やかに細やかにつづられた日常の物語。やさしく温かみのある挿絵がたくさん入った、小学校低学年にぴったりの読みものです。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 幼年童話
定価 : 1,320円(税込)
ページ数 : 72ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 2021年03月20日
ISBN : 978-4-8340-8599-0
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

重版中です※在庫は小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は各書店によって異なります。

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学低学年~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 5・6才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~

みんなの感想(4件)

  • 次女に「この本読んでみたい」と言われ購入しました。彼女も先天性の病気で、左右の脚長差があります。ほしい靴があっても、高さの補正をしなけらばならず、あきらめてもらうことも今まで何度もありました。病気についてどうこう話したことはありません。でも彼女はすでに理解していて、そのうえでいろいろなことにチャレンジし、ハンディを乗り越えていく努力をしています。長女は長女で、少しいばりながらも、妹を支えてくれています。今は2人ともチアダンスをがんばっていて、すごく誇らしげに踊ってみせてくれます。うまく表現できませんが、この本を作ってくださって、ありがとうございます。ずっと大切に読みます。

    HOPEさん
    お子さんの年齢:小学中学年

  • わたしはおにいちゃんがいるのですが、おこりんぼうです。つくしちゃんみたいにいつもくっついています。つくしちゃんとおはなししてみたいです。

    おかださなさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • わたしはおねえちゃんのかえでちゃんによくにていました。にているところは、ものしりなところ、ぶあつい本をよんでいるところ、はやく計算ができるところでした。4年生のおねえちゃんでも、6年生に見えました。おもしろかったです。

    はるさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • わたしはおねえちゃんのかえでちゃんによくにていました。にているところは、ものしりなところ、ぶあつい本をよんでいるところ、はやく計算ができるところでした。4年生のおねえちゃんでも、6年生に見えました。おもしろかったです。

    はるさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。