本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

さいごのゆうれい

ゆうれいと過ごした、四日間。

世界中が「かなしみ」や「こうかい」を忘れて、だれもが幸せだった〈大幸福じだい〉と呼ばれた時代があった。そんな時代の夏休み、小五だったぼくは、田舎のおばあちゃんちに預けられた。空港のあるその町で、いわゆる「お盆」の、その最初の日に、ぼくは、ひとりのちいさなゆうれいに出会った。その子はいう。自分が、ゆうれいのさいごのひとりかもしれないと。ゆうれいを救い、世界を取り戻すために、ゆうれいと過ごした四日間。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,870円(税込)
ページ数 : 304ページ
サイズ : 20×14cm
初版年月日 : 2021年04月10日
ISBN : 978-4-8340-8606-5
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~

みんなの感想(2件)

  • この本を読み終わった時、本当に読んでよかったと思いました。読みはじめた時は「これ何の話やろ?」と思っているうちにどんどん引き込まれていき、しまいには読み終えるのがもったいなく思えてきました。かなしみがなくなったら世の中はどうなるだろうと自分も考えました。でもかなしみがなかったら死んだ人のことを思い出す人がいない…。それは何か間違っている気がします。死んだ人の事もたまには思い出して、その人の事を思うのもいいのではと私は思います。「さいごのゆうれい」を読み終えて私は「世の中からかなしみが消えることが起きてはならない。私たち人間がもっと気をつけて行動しなければならない」のだと確信しました。挿し絵がめっちゃかわいかったです!!!ありがとうございました。

    Suiさん
    お子さんの年齢:中学生

  • 「ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集」は、全部音読をし、倫さんのつむぎ出す優しいことばのリズム、世界に対する洞察の深さに圧倒されました(枝豆もたべたくなりました!)。「さいごのゆうれい」は、大好きな本屋の書店員さんがおすすめしてくれ(「ゆびぱち」もですが!)て購入しました。<かなしみ>なんてない方が幸福なのだという考えは、今の世界に少しずつ着実に広がっている気がしていて、でも、物語の中で登場人物たちが<かなしみ>と付き合いながら1つ前へふみ出していくように、自分の感性を大切にしていきたいと思いました!最高でした。

    りなさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。