本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

特集「ときには必要 自分の時間」

母の友 2022年3月号

特集は「ときには必要 自分の時間」です。幼い子と共に生きる日々は、とにかく忙しい。でも、だからこそ、自分の時間を持つことも大切です。精神科医の宮地尚子さんからのアドバイス、絵本作家や料理家たちの“自分はこんなことをしています”という実践例をお伝えします。後半カラーページは植物観察家、鈴木純さんの「寒さに耐える冬芽」です。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    子どもにかかわるすべての人に

カテゴリ : 月刊誌
定価 : 580円(税込)
ページ数 : 92ページ
サイズ : 21×17cm
初版年月日 : 2022年03月01日
ISBN : ―
シリーズ 母の友

その他の仕様 +

※単品のご注文は書店にて承っております。詳しくは書店にお問い合わせください。

最新号から定期購読に申し込む

● お申し込みについての詳細はこちら

● 海外への発送をご希望の方はこちら

目次を見る


「母の友」2022年3月号 目次
 
●特集
「ときには必要 自分の時間」
幼い子と共に生きる日々は、とにかく忙しい。でも、だからこそ、自分の時間を持つことも大切です。
精神科医の宮地尚子さんからのアドバイス、絵本作家や料理家たちの“自分はこんなことをしています”という実践例をお伝えします。
・自分を見失わないために 宮地尚子 
・わたしの時間、こんなことしてます 
 牧野友香子/きくちちき/浜島直子/植本一子/ケイト・シコラ/前田有紀/渡辺ペコ/たかはしよしこ/ひうち棚
・[読者投稿]子育て中に力をくれた本
●寒さに耐える冬芽 わたしの足元にひろがる自然 鈴木純
●読んであげるお話のページ「かぞえうた」 おくはらゆめ 
●絵本作家の本棚 バーサンスレン・ボロルマー
●カラーページ
・こどものひろば 工藤直子 選 / 繁延あづさ 写真
・母の友エッセイ 「物語のこつ」 黒田龍之助
・こどもクラフトワーク 「ダンデライオンのコサージュ」 丸山素直
・野口真紀のおいしい絵本レシピ 『ふしぎなたけのこ』でたけのこごはん&酢豚
・子どもの本の図書館から 『いたずらこねこ』 護得久えみ子 
・日曜日のはじめちゃん 【今日何した?】 クリハラタカシ
●母の友の連載 / polyphony
・わたしのBGM 尾崎玄一郎・尾崎由紀奈
・母の冒険 「認識」 小林エリカ
・人生相談ふう漫画 答えがほしいわけじゃないの 関根美有
・園の子どもたち 「思いを伝える」 髙森久仁子
・子どもの健康Q&A 「スマホ」 森戸やすみ
・かずをはぐくむ 「流用の賜物」 森田真生
・父の友 坂井治 その2 「『父』のような私」 
・なんとなく、モノガタル 「うつしよはりある よるのゆめこそゆめ」 諏訪部順一
・生存ちゅう! 「実は、最終回」 大野更紗
・たぶん、なんとかなるでしょう。「光る道」 堀川 真
・子どもを見つめるシゴト 絵本編集者 関根里江
・自由の方へ行くために 「古いものと新しいもの」 小川たまか
・心も体も大切に 東洋医学のお話 「母子から全ての人へ広がった抑肝散〈1〉」 大谷かほり
・映画 「ちょっと思い出しただけ」 金原由佳
・本 『MeTooは終わらない』ほか 落合博ほか
●その他のページ
・100%ORANGE 及川賢治さんインタビュー 「9年間の『母の友』表紙絵を振り返って。」
・この一年、この言葉
・総索引〈2021年4月号(815号)~2022年3月号(826号)〉
・てがみでこんにちは
・編集だより

とじる

みんなの感想

まだ感想がありません。ぜひお寄せください。

感想を書き込む

福音館の最新情報

フォローする

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。