本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

おおかみと七ひきのこやぎ

グリム童話

おなじみのグリム昔話

おおかみを家にいれないよう注意しなさい。おかあさんやぎはこやぎたちにそういって森に食べものを探しにでけます。こやぎたちは、おおかみの「しわがれ声」や「黒い足」をしっかり見ぬいて、おおかみを追い払います。しかし、おおかみは知恵を働かせて「しわがれ声」を「きれいな声」に、「黒い足」を「白い足」に変えて再びこやぎたちの家にやってきます。こやぎたちは、とうとうおおかみに騙されて家の扉をあけてしまいます。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 1,540円(税込)
ページ数 : 32ページ
サイズ : 22×30cm
初版年月日 : 1967年04月01日
ISBN : 978-4-8340-0094-8
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(7件)

  • 瀬田貞二さんの訳の昔からあるこの絵にひかれて購入しました。4歳~とかいてあり、2歳の子にも読ませたいと思ったのですが、最後おおかみが死んでやきがうれしくておどるというところは、そのまま読んでも大丈夫なのか悩み、まだ読み聞かせていません。

    M.さん

  • 全体の色調がおちついていて好みにぴったり、見返しもすてき。ホフマンの原画展では、ご本人そっくりの粉屋のおじさんがいたのですが、絵本には登場してなくて、ちょっぴり残念でした。

    ゆうこさん

  • 私が幼い頃に母が、図書館で借りて読んでくれました。今回娘に読んであげたところ「やぎさん、食べられちゃった…」と少し怖そうでしたが、おもしろかったようで何度も何度も読んでとせがまれています。

    つる子さん

  • 母親になった私が、子どもの頃に読んでもらっていたこの本を娘(保育園児)に読んであげると、既に保育園で読んでもらっていたようで、内容を覚えていました。「もし、オオカミが来たら花(娘)だったら、どこにかくれる?」「ママは?」など、楽しく話しながら読みました。

    花ママさん
    お子さんの年齢:4才

  • とっても楽しい本をありがとう。福音館書店の本を楽しくよんでます。

    しゅんすけさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • フェリックス・ホフマンの絵がいいです。有名な話なので、さまざまな絵本が出ていると思います。なかには子どもに媚びたような、かわいらしい漫画っぽい絵のものも。実際子どもは書店でそのようなかわいいのを欲しがることもあります。でも、買って手元に長く置くものは、やはり美しく味わいのある絵のものにしたい。一見派手でも可愛くもない、むしろリアルな狼の表情など怖いくらいですがどのページも完成度が高く、ほれぼれしてしまいます。

    ぷくぽんさん

  • 友人ともうすぐ4歳になる彼女の娘さんは毎朝、この絵本にそった劇を上演するそうです。黒い子、斑の子、足が黒い子と7匹のやぎもそれぞれが、おおかみのニセの白い手が子やぎ側の視点から描かれ、ホフマンの挿絵の素晴らしさを実感します。

    ハイディさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。