本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ごぶごぶ ごぼごぼ

「ぷーん」「ぷくぷくぷく」「ぷぷぷ」などの音(言葉)の響きやリズムの楽しさを、色あざやかなオレンジ、赤、青などの丸の動きで子どもたちに届けます。

  • 読んであげるなら

    0才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体800円+税
ページ数 : 20ページ
サイズ : 20×19cm
初版年月日 : 1999年04月15日
ISBN : 978-4-8340-1598-0
シリーズ 0.1.2.えほん

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~

みんなの感想(6件)

  • 破裂音が多いので、笑顔で聞いてくれます。

    髙須 佳那さん
    お子さんの年齢:0才

  • わらべ歌の会の先生から紹介され、1歳1ヵ月のときに購入しました。胎内で聞こえていた音を表現していると聞きました。0歳からの絵本とのことで、購入時に買うのが遅かったかな、とも思いましたが、本人は夢中で穴を探したり、手を入れたりしてページめくりを楽しんでいます。絵、音、色、穴、すべてに引き付けられるようです。いい絵本に出合えました。

    くまのみさん
    お子さんの年齢:1才

  • 児童発達支援センターで仕事をしています。発達障がいの幼児への絵本読みの時間に、この本を選びました。子ども達がどんな反応を返してくれるか(返してくれないか)が楽しみです。

    ゆーさんさん

  • 色と音によく反応する絵本を自分で持ちたがった。

    冨田 美智子さん
    お子さんの年齢:0才

  • 検診の時にブックスタートとしていただきました。家には本がたくさんあるのですが、長男が自分の本だといってなかなか見せてあげないこともあるので、現在6か月の次男にとっては初めて自分の絵本ということになります。パッと目を引く色。穴あき絵本と面白い言葉。膝の上に座らせてみせると両手を出して本をとろうとします。うーあーといって必死に本をわしづかみ。目をキョロキョロさせて夢中で見ています。それをみた長男も真似して。ぷぷぷぷーーと言ったり、しーと言ったり。覚えた言葉で本を読んであげていました。「この本はたかちゃん(次男)のだから、どうぞ」って、長男自ら渡してあげたりして、お兄ちゃんぶりをアピールです。本に次男の名前を書いてあげました。家に赤ちゃんがいると大変ですが、子どもも成長するし私もまた赤ちゃん絵本を読めるし、楽しい触れ合いの時間となりました。

    もぐもぐもぐさん

  • この本は、赤ちゃんが読むのに丁度良かったと思います。音の響きも面白い。いろも強烈だし。おまけに穴も開いていたから。11ヶ月の子供は、この本を読んでもらえるとわかると、体でうれしさを表現しています。

    ひなぽんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。