本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

魔女の宅急便 その3

キキともうひとりの魔女

魔女のキキがコリコの町に住むようになって、4回目の春がめぐってきました。キキは16歳になりました。そのもとへケケという12歳の女の子が転がりこんできます。ケケは不思議な力をつかって、宅急便の仕事を横取りしたり、デートの邪魔をしたりして、キキをとまどわせます。自由奔放で小生意気なケケにふりまわされながらもキキは少しずつ変わっていきます。ふたりが反発しあいながらもお互いにとってたいせつなものをもとめて成長していく姿が描かれています。S-49

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,760円(税込)
ページ数 : 324ページ
サイズ : 21×16cm
初版年月日 : 2000年10月20日
ISBN : 978-4-8340-1704-5
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

みんなの感想(9件)

  • 「キキともうひとりの魔女」

    とつぜん現れて、とつぜんプイッと消えてしまうケケは、私の心に強く印象に残した登場人物です。

    キキはちょうど思春期に突入し、自分とは何者かについてモヤモヤ考えてしまい、キキの心の成長がかいまみえます。

    ジジに、あたしの猫ちゃんになってとささやく場面では、ケケの心の奥底にある寂しさを感じてしまいます。

    ケケのお母さんの本、タカミカラさんのドレス、プウプカおじさんのカヤちゃん、ミツミさんのメガネ…
    一つ一つの物語を読むと、この本には大切な宝物がたくさん出てくるのがわかりますね。

    ケケが大人になって作家になったのは、角野栄子さんの分身でもあるのかな、と思っています。

    大人になった私は、ケケや角野栄子さんのようなお話を書きたいと思い、童話作家を目指しています。

    ポテトおじさんさん

  • 自信がなくて強がりで、素直になれない
    漠然と何かに不安

    でも、「今」を踏み締めて前に進む力を、本当は確かに秘めている16歳の女の子

    あの子か わたしか…
    それって、どこにでもいる誰かさんみたいだ

    サキキさん

  • キキの心のモヤモヤにとても共感すると同時にケケの気持ちもとてもわかるような気がしました。
    ケケというキャラクターの独特な雰囲気が大好きです。
    中が登場してすぐはいけすかないなと思ったのですが本の最後にはケケが大好きになっていました。

    ilaさん

  • 小学生の頃、初めて映画館で見た映画が魔女の宅急便でした。恥ずかしながら角野さんの原作作品と知らずにいましたが、子供とおばけのアッチシリーズを読む中で知り、続きが知りたく、昨年末から魔女の宅急便シリーズを夢中になり読んでいます。
    中でもこのケケとの話は、自分の生活にいきなり入って来た正体不明の女の子とのやり取りで、自分の親しい人と知らないうちに仲良くなっていたり、居場所を取られてしまうような不安になる気持ち、疑ってしまう気持ち等、大人になった今でも感じる事のある人間関係と重なり、キキの気持ちに同調し、少しゾクゾクもしながら読んだ印象深い1冊でした。
    まだ全巻読み終えていませんが、物語に入り込みながらドキドキ、ワクワクし楽しんでいます。

    はなさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 物語の終盤に出てくるケケのお母さんの言葉は、大好きな母を亡くし、涙ばかり出ていた私をそっと包んでくれ、今では寂しくなった時に唱えるおまじないになりました。

    突然やってきたケケに振り回されながら、自分を見つめなおしていくキキの姿は、何歳になっても共感するものがあると思います。

    あきこさん

  • キキとジジ、キキとケケ、キキととんぼさん…。キキとその周りの人達との関係を読んでいくと、自分と周りの人達との係わり合いを考えてしまいました。キキとジジの関係は、まるで自分と3歳の息子との関係と似ているようだし、キキとケケは今の自分と昔の自分のようだったり。たまたまこの本を読もうと思ったのですが、今の自分にピッタリで出会えたことがとてもうれしかったです。

    おじゃるさん

  • 女の子の心のモヤモヤ、今年30になる私もなんだか思い当たるふしが多く、少女に戻った気分で読みました。女の子だけでなく、すべての女性に、そして男性にも読んで欲しいです。

    白いしっぽさん

  • いい子でなくてもいいんだよ。

    本屋のいでさんさん

  • 突如現れたケケに翻弄されて自分を見失ってしまったキキ。こんなにもどかしい気持ちで読んだ巻は他にありませんでしたが、それを乗り越えて、この3巻でキキは本当に大きく成長したなと、とても印象深い1冊になりました。最終章はちょっと泣いてしまいました。とんぼさんのことが好きだと自覚したキキの、恋の行方も楽しみになった1冊でした。

    えりなさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。